うっかり言ったその言葉、そんなつもりじゃ…

前回の記事では自分の言葉が本気であることを知らせる表現を mean を使って紹介しました。

同じく mean を否定文の中で使うと、逆に「そんなつもりじゃなかった」という意味の文章を作ることができます。たとえば、

(自分の言葉が相手を傷つけてしまったことを知り)君を傷つけるつもりはなかったんだ
I didn't mean to hurt you.

君を泣かせるつもりはなかったんだ
I didn't mean to make you cry.

といった使い方をします。とくに I didn't mean to hurt you. はしょっちゅう耳にする言葉なので、まるごと覚えておくといいでしょう。

やあ、また会ったね 先日は失礼しました

二人のこれまでのいきさつについてはこちら>>
ポケモンセンターに一緒に行きたかったのに。すごく落ち込んだよ。 すみません。傷つけるつもりはなかったんですが
で、どうだね、今日は? 何のことでしょう?
ポケモンセンターだよ 黄色い物アレルギーがまだ治ってないので、ごめんなさい
全部英語にする>>


「本気さ、マジだよ」というときはこちらの表現へ>>