日常英会話/日常英会話の基礎

国際電話のかけ方

海外に電話をかけるとき、相手の国内での電話番号を知っているだけではかけることができません。国際電話をかけるにあたって、まず必要な知識をご紹介しましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際電話: かけ方の基本

国際電話のかけ方

海外に電話をかけるには、次の3つの番号をあらかじめ知っている必要があります。

1.国際アクセス番号
2.相手の国番号
3.相手の国内での電話番号

これらの番号を順に押していけば、海外に電話がつながります。
 

国際アクセス番号

まず国際アクセス番号は、これからかける電話が国際電話であることを知らせる番号です。どのサービスを使って国際電話をかけるかによって、この番号は異なります。代表的なサービス会社は以下の通りですが、その他の場合については利用サービスのホームページなどで確認しましょう。

固定電話からかける場合:

・NTT 0033-010
・KDDI 001-010
・フレッツ(IP電話) 010
・YahooBB(IP電話) 010
・OCN(IP電話) 010

携帯電話からかける場合:

・NTT 010
・au 001-010
・softbank 010

プリペイドカード:
・カードに記載の番号
一般に携帯電話よりはアナログ固定電話、さらにはIP電話やプリペイドカードを使った国際電話の方が通話料が安いので、あらかじめ料金を確認してお得なサービスを選ぶと良いでしょう。
 

国番号

国際アクセス番号に続いて国番号(country code)を押すことで、どの国に電話をかけるかを指定します。いくつかの国については以下の通りですが、その他の国番号は主要電話会社のホームページ等に掲載されています。

アメリカ 1
イギリス 44
フランス 33
ドイツ  49
韓国   82
中国   86
台湾   886
オーストラリア 61
(日本   81

相手の電話番号

相手の電話番号は市外局番からすべて必要です。重要な点は、(一部の例外を除いて)先頭に0がある場合は、それを削除するということです。
 

更新日:2010年04月01日

(公開日:2010年02月28日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    8

    この記事を共有する