ホームメイドクッキング/ホームメイドクッキング関連情報

本格ピザのレシピ

ピザ生地から手作りする、おいしいピザの作り方・レシピ(サラミと野菜のピザ、シーフードピザ)を写真つきでわかりやすく紹介します! なお、ピザ生地は保存もできますよ!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもから大人まで大好物なピザは、ナンを原型とする薄いパン生地に、ハムや魚介類をトッピングして、かまどで焼き上げたイタリア料理です。
イタリアヘ行かれたときには必ず食べるお料理のひとつ、そしてアメリカ人がハンバーガーと並んで一番食べるメニューのひとつですし、日本でもピザの食べられるお店はピンからキリまで数多くあります。
そこで、本場イタリアにも負けないピザを手づくりしてみませんか?
冷凍ピザや冷凍生地も売られていますが、生地を我が家で手づくりするだけで、美味しさは格段にアップします。

作り方はとっても簡単です。
1・材料を混ぜる。
2・生地をこねて発酵させる。
3・まるく成形して、お好みの材料をトッピングしてオーブンで焼く。

これだけの手順でアツアツのピザのでき上がりです。
トロ~リとけたチーズとパリッと焼きあがった生地の美味しさは、ホームパーティにも最適なお料理のひとつです。
家族揃って、休日は本格ピザ作りを楽しんでみてください。

゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
ピザ生地の作り方
゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
 

ピザ生地の材料
(直径25cmの厚めのピザなら2枚分、薄目のピザなら4枚分が作れます。お好みでどうぞ!)
強力粉250g、砂糖大サジ1、塩小サジ3/4、ドライイースト小サジ1,オリーブオイル大サジ1,5、ぬるま湯(約45℃)160ml

  作り方
1:ボールに2回ほどふるい合わせた粉類(強力粉、砂糖、塩)の真ん中にくぼみを作りドライイーストを入れ、ぬるま湯を加えて手でかき混ぜます。
     
 
2:ぬるま湯は3回くらいにわけて加えます。   3:ある程度粉がまとまってきたらオリーブオイルを2~3回に分けて加え、手で押すようによく混ぜ合わせます。
     
 
4:台の上に打ち粉(薄力粉)をして生地を充分に折っては曲げてを繰り返し10分間くらい充分に捏ねます。  

5:充分に捏ねた生地はきめ細かく弾力があります。生地が乾燥しないように堅く絞った布巾をかぶせて、発酵温度つきのオーブンで1時間発酵させます(約2倍にふくらみます)。 

 

     
 
6:発酵した生地を台の上に取りだして、二枚なら2等分、4枚作るときは4等分にします。成形しやすいように丸くまるめて5分間布巾をかけておきます。   7:台の上に打ち粉をして、丸くまとめた生地を手のひらで押してからめん棒で直径25cmの円形にのばします。
     
 
8:充分に捏ねられた生地は弾力があり手で回しても破けません。   9:ピザ型にオリーブオイルを薄くぬり、生地をひろげフォークで穴をあけておきます。
一度に多くのピザを焼かない場合は、クッキングシートにはさんで冷凍庫で保存もできます。
゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
(C)Apr.2002 Copyright & Photo. Tamiko Kuroda

 

更新日:2013年08月23日

(公開日:2002年04月23日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    18

    この記事を共有する