CG・画像加工/CG・画像加工関連情報

無料3Dソフト、Google SketchUpとは?

直感的に立体モデリングができる無料3Dソフト、「Google SketchUp(グーグル スケッチアップ)」。Google Earthと連携すれば世界中に家を建てることができます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google SketchUp (グーグル スケッチアップ)」は、マウスのドラッグで直感的にモデリングができる無料の3Dソフトです。

今や世界中で利用されている有名な地球儀ソフト「Google Earth(グーグル アース)」や画像整理活用ソフト「Picasa(ピカサ)」に引き続き、米国Googleから素晴らしい無料ソフトが発表されました。
今年の3月、GoogleはLast Software社を買収したのですが、そのLast Software社の製品「SketchUp」が、「Google SketchUp」として発表されたのです。

フリーとはいえ、驚くほどの機能と可能性を持っているこの「Google SketchUp」とはいったいどんなソフトなのかについて、簡単にご紹介していきます。

直感的にモデリングができるかんたん3D、しかも無料!
  • Google SketchUp」は2006年5月2現在、Windows XP版の英語ベータ版が公開されています。

無料3DソフトGoogle SketchUpとは?
もくじ

  1. 描いて起こして立体に!直感的にモデリング
  2. イラストも描けます
  3. Google Earthに家を建てる!
  4. 無料英語版ベータ版が公開中

描いて起こして立体に! 直感的にモデリング

「SketchUp」の名の通り、描いて起こして立体を作るというのが基本ですので、とにかく、驚くほど簡単に3D画像ができてしまいます。
初期設定の画面では、ツールバーに基本的なツールが並んでいるだけで、いわゆるサブウィンドウが表示されていません。でもこれだけでも十分立体を作って楽しめます。

「Google SketchUp」では、曲面は描けますが、球体などは描けません。角柱、円柱形などを組み合わせていくだけです。それゆえにパソコン操作も比較的軽く、快適ですから、どんどん夢中になって作成することができます。
特に建物などは、簡単に組み立てられます。

長方形を描いてそのまま持ち上げて立体に。三角屋根を作りテクスチャで塗りつぶして、窓、入り口など作っていく

より本格的な立体に仕上げるには、Windowメニューから各種サブウィンドウやパネルを開き、細かい調整ができます。モデリングしやすいように表示を切り替えたり、輪郭線を目立たなくしたり、表示を消すこともできます。
また、時間によって影の方向や長さなどを調整したり、パースにあわせてオブジェクトが自動的に吸着するので、とにかく素早くきれいな立体を組み立てていくことができます。

季節、時間によってできる影の向きや光の強さをさらに調整できる

もくじに戻る

次のページでは、家の他にも立体キャラクターやオブジェクトを描いたり、地球儀に家を建てるなどの活用法を紹介します。次のページへ>>

更新日:2006年05月01日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する