CG・画像加工/おすすめ画像編集・加工ソフトレビュー

自作ペーパークラフトを楽しもう!

好きなものを自分でモデリングをして、簡単にペーパークラフト展開図を作成、印刷できるという、とてもユニークで楽しいソフト「ペパクラデザイナー3」をご紹介します。時間を忘れてしまうほど夢中になります!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペーパークラフトが流行っていますね。でも「モノづくり」の楽しさを知っている方なら、既成のデザインをダウンロードしたり、購入して作るだけでは、物足りないと感じるのではないでしょうか。
とはいえ、自分で展開図を作ろうと思っても、サイコロのように簡単にはいきません。

そこで今回は、好きな形を自分でモデリングして、簡単にペーパークラフト展開図を作成、印刷できるという、とてもユニークで楽しいソフト「ペパクラデザイナー3」をご紹介します。
実際に作ってみると、思ってたよりも何十倍もおもしろいと実感できますよ!
秋の夜長も、時間を忘れてしまうほど、夢中になってしまいます。

自分で作った立体を展開図にして、紙工作をします。

ペパクラデザイナーとはどんなソフト?

ペパクラデザイナー3のパッケージ
ペパクラデザイナーは、3Dデータからペーパークラフト用の展開図を簡単に作成できるソフトウェアです。
ペパクラデザイナーのパッケージには、初心者から3Dモデリングに親しみやすい3DCGソフト「六角大王SuperLE」が付属していますので、簡単にオリジナルの3Dデータを作ることができます。
ペパクラデザイナーでは六角大王のほかにも、展開図作成可能な3DCGソフトのデータもあります。
また、すぐに作って試せるデータも用意されています。

ペパクラデザイナーを使うと、次のような流れで、オリジナルのペーパークラフトを作ることができます。

3Dデータを用意します

ペパクラデザイナー3はとても親切で使いやすいソフトです。あらかじめすぐに楽しめる展開図のデータが豊富に用意されています。もちろんオリジナルの3Dモデリングから作ることを楽しみたい方のために、六角大王SuperLEがついています。

六角大王で好きなものをモデリングします。はじめはできるだけ簡単な形を作ってみます。
おすすめは、ペパクラデザイナーのチュートリアルに収録されている「ケーキ」の作り方です。六角大王の使い方もとても理解しやすくなっています。

六角大王でデザインしてみました。かなり単純な形ですが、これでもペーパークラフトにすると十分つくりごたえがあります。

展開図を作ります

3Dデータができあがりましたら、六角大王からでしたら簡単にペパクラデザイナーへ、展開作業を移行させることができます。
六角大王の[ファイル]メニュー→[展開図の作成]を選ぶと、ペパクラデザイナー3が起動して、作成した3D画像が開きます。

[展開]をクリックすると自動的に展開図が作成されます。

展開図の編集をします

展開図ができましたが、リサイズしたり、折り目を目立たなくさせるといった編集をすると、より作りやすくきれいに仕上がります。

展開図1ページは通常A4サイズに設定されていますが、この一枚にすべてのパーツを印刷したのでは、とても細かくて小さいペーパークラフトになってしまい、工作しづらいので、パーツを数ページ(数枚)に分けて印刷するように、レイアウトを変更します。

1ページに配置したパーツを、3ページ分にレイアウトを変更したところです。

辺(折り目、切り取り線)を、目立たない色に変更したり、パーツを作りやすい部分で分割、または辺と辺を正しく接合させることができます。パーツを移動して印刷する用紙を節約したり、どんなペーパークラフトなのかタイトルや説明書きなどをテキスト入力したり、細かい編集も可能です。

さらにパーツを拡大して、タイトルを入れ、辺などの線の色を茶色に変更したところです。

また、実際の線よりも色が少し外側にはみ出すようにすると、のりしろなどの白い部分が目立たなくなります。
折り目やパーツが多くなるほどに、どの辺とどの辺を合わせて貼り付けるのかわからなくなるような場合は、辺の接続番号を表示させることもできるという便利さです。

「はみ出し塗り」と、「線の接続番号」を表示させたところです。同じ番号の線を合わせると正しく合わせることができます。

次は、プリンターで展開図を印刷して、ペーパークラフトを楽しみます。次のページへ>>

更新日:2009年05月18日

(公開日:2008年08月29日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する