筋トレ・筋肉トレーニング/目的別の筋トレメニュー

猛暑日でもOK!室内でできる有酸素運動

実は、夏は「太りやすい季節」。外気温が上がり、体温を維持するために使うエネルギーが少なくなるため、冬よりも基礎代謝が約10%も低下するのです。そこで今回は、体型維持にも、夏バテしない体力づくりにもおすすめの、有酸素運動をご紹介します

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏場の運動不足に要注意

夏場は意外にも運動不足になりやすい季節。体調に気をつけながら、しっかり運動しよう

夏場は意外にも運動不足になりやすい季節。体調に気をつけながら、しっかり運動しよう

梅雨が明け、本格的な夏がやって来ました。気温はぐんぐん上昇し、立っているだけで汗が吹き出してくるほど。外を歩けば日差しがジリジリと痛いほどに照りつけてきます。なにもしなくても汗をかきやすい季節であることに加え、熱中症の危険も伴うので、「夏場は特にこれといった運動をしていない」という人が、意外と多いようです。

しかし、暑いからといって動かないでいては、やはり運動不足に陥ってしまいます。これは要注意です。実は、夏は「太りやすい季節」。外気温が上がり、体温を維持するために使うエネルギーが少なくなるため、冬よりも基礎代謝が約10%も低下するのです。皆さんご存じの通り、代謝が下がると、脂肪を体に溜め込みやすくなる=太りやすくなります。暑くて常に汗をかいているような状態なので、エネルギーを消費している気になりますが、夏は決してやせやすい季節ではありません。そのことをよく覚えておきましょう。

また、夏の運動不足は体型だけでなく、体調にも大きく影響を及ぼしかねません。ただでさえ、暑さで食欲が減退しがちのため、冷たいものやあっさりしたものを口にすることが多いと思います。ですが、それらは体を冷やし、血液の循環を悪くします。そこに運動不足が加わると、さらに血行は悪くなり、結果、夏バテを招いてしまうことも少なくありません。そうならないためにも、トレーニングはかかせない存在です。

そこで今回は、体型維持にも、夏バテしない体力づくりにもおすすめの、有酸素運動をご紹介します。適度に冷房の効いた室内で行っても、じゅうぶん効果のあるメニューですので、「暑くて外に出たくない!」という人でも、ストレスなく行っていただけると思います。筋力トレーニングと併用することで、脂肪燃焼効果はぐっと高まりますよ。

次のページから詳しくご紹介していますので、ぜひ行ってみてください。


更新日:2012年07月26日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    146

    この記事を共有する