パソコンソフト/パソコンソフトの選び方

データ復元ソフトの選び方

事故や災害、誤操作によってパソコンのデータが失われたとき、データを復活するソフトが「データ復元ソフト」です。通常は復活できないデータも、復元ソフトを使えば取り出せる可能性があります。万が一に備えて、1本用意しておくと安心です。選び方とおすすめソフトをご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完全データ復元 PRO11 (ジャングル)~257種類以上のファイル形式に対応した強力なファイル復元ツール

マイクロソフトのOffice、一太郎など257種類以上のファイル形式に対応した復元ソフトです。また、以下のメールソフトのデータにも対応しています。
  • Outlook Express
  • Outlook
  • Windowsメール
  • Windows Liveメール
  • Eudora
  • Becky!2
  • Mozilla Thunderbird 
2TB以上のハードディスクおよびSSDにも対応し、パソコンが起動しない場合はCD-ROMやUSBメモリから起動して復元作業を実行することもできます。

操作方法もシンプルです。「復元したいハードディスクや外部メディアを選択」→「復元したいドライブを選択」→「復元方法の選択」の3ステップですので、特別な知識・スキルもいりません。「不安なのでとりあえず1本用意しておきたい」という方にも、安心しておすすめできる1本です。

完全データ復元PRO 11

完全データ復元PRO 11。257種類以上のファイルの復元に対応しています





【関連サイト】
完全データ復元 PRO11
体験版はこちら


完全フォト復元 11 (ジャングル)~SDカードやUSBメモリから画像ファイルを復元するツール

SDカードやUSBメモリなどの外部メモリに保存された画像に特化した復元ソフトです。誤って削除したメモリカードの画像ファイルを復元することができます。100種類以上のデジタル一眼カメラのRAWデータに対応しているので、カメラを仕事・趣味にしている方にとっては価値のある製品でしょう。また、iPodのデータも復元可能です。

完全フォト復元11

完全フォト復元11。特に外部メモリ内の画像を復活できます


なお、パソコンの内蔵ハードディスクに保存されている画像、メールデータなどの復元には「完全データ復元 PRO11」を利用する必要があります。


【関連サイト】
完全フォト復元 11
体験版はこちら


完全ドライブ復元 11 (ジャングル)~ドライブやパーティションを丸ごと復元するツール

ドライブやパーティションを丸ごと復元するソフトです。内蔵ハードディスク(IDE/SCSI/SATA/SATA2などに対応)とUSB接続の外付けハードディスク、SSD、USBメモリに対応しています。

完全ドライブ復元11

完全ドライブ復元11。ウィザード(対話)形式でドライブを復元できます


「ドライブが起動しなくなった」「ハードディスクのパーティションを誤って削除してしまった」「ドライブが見えなくなった」「USBメモリを不用意に抜いたら次から認識されなくなった」……等々のトラブルに対応できます。パソコンが起動しなくなった場合は、CD-ROMやUSBメモリから起動できるのも安心です。

以上のようなトラブルでは、対応を誤るとドライブ内のデータがすべて失われる危険もありますので、用意しておくと安心できる1本です。


【関連サイト】
完全ドライブ復元 11
体験版はこちら


完全復元 PRO11 プレミアム(ジャングル)~3製品を1つにしたお得パッケージ

以上で紹介した「完全データ復元 PRO11」「完全フォト復元 11」「完全ドライブ復元 11」の3製品を1つのパッケージにした製品です。本製品があれば、あらゆるケースに対応できるでしょう。ただし、復活したいデータの種類がわかっている場合は、個別に選択した方がお得だと思いますので、上記3製品と比較して検討してみてください。

【関連サイト】
完全復元 PRO11 プレミアム

次のページでは、「ファイナルデータ9.0プラス 特別復元版」をご紹介します。

更新日:2011年08月23日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する