パソコンソフト/パソコンソフト関連ニュース

コピー&ペーストの5つの操作

パソコン操作の中でコピー&ペースト(コピー、貼り付け)はよく使いますよね。その操作方法は実は5通りあります。ソフトによって使い分けましょう。

執筆者:石渡 真澄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コピー&ペースト
コピー&ペーストの操作5通りを身につけよう
コピー、貼り付けの操作は、パソコンを使ううえでかなりの頻度で使われていると思います。操作方法はいろいろ。ソフトによっては、使えない方法もあります。5つ知っていると鬼に金棒。どんな場面でも使い分けることで時間短縮が計れます。さて、その5つの方法とは?



【INDEX】
1ページ・・メニューバーからの操作、ツールバーのボタンからの操作
2ページ・・右クリックの操作、キーボードからの操作、ドラッグ操作



今回は、新規開店のご挨拶という文書で練習します。この文書の中の赤の四角で囲まれた「を円満退職し」の前に、2行上にあある「パソコンスキル商事株式会社」をコピーして、貼り付け、「パソコンスキル商事株式会社を円満退職し」にするという操作です。



【操作1】基本はメニューバーから

どのソフトでもメニューバーはあるでしょう。「編集」を覚えて操作しましょう。

1)まずコピーしたい文字を範囲選択します。(今回はパソコンスキル商事株式会社をドラッグ)



2)メニューバーの[編集]-[コピー]をクリックします。



3)貼り付ける位置「を」の前をクリックし、カーソルを表示したら[編集]-[貼り付け]をクリックします。



4)「パソコンスキル商事株式会社を円満退職し」となりました。



【操作2】ツールバーのボタンから

標準ツールバーの用紙が2枚並んでいる「コピー」ボタン、用紙を貼り付けている「貼り付け」ボタンを使いましょう。
※マウスポインタをそれぞれのボタンの上に位置づけるとポップヒントが表示されます。その表示を確認してからクリックするといいですよ。

1)まずコピーしたい文字を範囲選択します。(今回はパソコンスキル商事株式会社をドラッグ)

2)ツールバーの[コピー]ボタンをクリックします。



3)貼り付ける位置「を」の前をクリックし、カーソルを表示したら[貼り付け]ボタンをクリックします。



4)「パソコンスキル商事株式会社を円満退職し」となりました。

次のページでは、右クリックの操作、キーボードからの操作、ドラッグ操作をご紹介します⇒

更新日:2006年07月23日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    11

    この記事を共有する