ジョギング・マラソン/ジョギング・マラソン最新コラム

今年は増えそうなランニングの熱中症・脱水症を予防

早々と梅雨が明け、あちこちから聞こえてくるのは最高気温の新記録と熱中症、脱水症のニュースです。この暑さに、ランニング時の熱中症・脱水症も増えることが予想されます。真夏の到来が早まった分、暑さに慣れていない体にはきついシーズンの到来です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単な注意で熱中症・脱水症は防げる

救急車のお世話にならないようにセルフケアを

救急車のお世話にならないようにセルフケアを

関東地方は例年よりかなり早い梅雨明けとなりました。「梅雨明け十日」(梅雨明けの十日間は高気圧に覆われて天候が安定するので登山に絶好という、登山界の言葉)の言葉通り、当分は強烈な陽射しに見舞われそうですが、そこで心配なのが熱中症や脱水症状。すでに例年以上に熱中症・脱水症患者発生のニュースが伝わっています。

熱中症・脱水症患者が急増したのは、節電への協力でクーラーの使用を控えたということも理由のひとつにあるかもしれませんが、梅雨明けが早かったために暑さに慣れる助走期間が短かったことも原因しているのではないかと思われます。

電力不足がなかったとしても、地球の温暖化の影響で日本の熱中症はこのところ増加の傾向にありました。気温との関係が深い熱中症ですが、なぜ熱中症になるのか、熱中症とは何なのか知っていれば未然に防げる症状です。健康によいとされるランニングをしていて熱中症や脱水症にかかっては笑えません。無事にジョギングを続けるために知っていなければならない熱中症について学びましょう。

熱中症のタイプ

熱中症はおおまかに4つの病型に分けられます。脱水症とも深く関係しているものもありますが、まずは、熱中症のパターンを把握しましょう。詳しくは、「healthクリック」などのサイトにも目を通して下さい。

【熱失神】
原因:熱により皮膚血管が拡張するために脳血流が減少して発症
症状:めまい、失神、顔面蒼白、呼吸が早くなる、唇しびれ、頻脈

【熱疲労】
原因:大量発汗に水分補給がおいつかないための脱水
症状:脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気

【熱けいれん】
原因:大量発汗に対して水分だけを補給した結果血液の塩分濃度が低下
症状:脚、腰、腹部の筋肉けいれん

【熱射病】
原因:体温上昇による中枢機能の異常
症状:意識障害及び、頭痛、吐き気、めまい、ショック症状、全身の臓器障害を合併することも

意識が正常で、ふらつかずに立っていられるようでしたら軽微ですから、涼しいところで頭や首筋などを冷やして休めば徐々に回復します。
上記の症状が現れた時には、すでに軽微とはいえません。救急医療を要請する必要があるでしょう。

体調に変化を感じたら運動中止を

駅伝などレースになるとムリしがち。体調に異変を感じたらいさぎよく棄権を

駅伝などレースになるとムリしがち。体調に異変を感じたらいさぎよく棄権を

問題は、意識がある程度はしっかりしていて、「体調が今日はちょっとおかしいな」という自覚はあるものの、運動を続けてしまう場合です。
それが熱中症の前段症状だということを知っていれば、運動を止めて木陰で休憩するというような自衛手段を取りますが、熱中症の前段症状だとは思わず、夕べの夜更かしのせいだろう、ぐらいに軽く考えて運動を続けていると確実に症状は進みふらふらしてきます。気持ちも悪くなります。

意識もぼーっとしてきて、自分で救急車を呼ぼうという考えも浮かびません。周囲の人に「大丈夫か?」と声をかけられたとき「大丈夫」と答えてしまうと、これまた救急車の要請が遅くなります。

熱中症を予防する心得としては、涼しい場所と時間を選び、放熱仕様の素材によるウエアを着用する等の基本的な注意だけでなく、気温が高ければそれだけ熱中症になる可能性が高いことと、初期症状についての知識を持っていること、そして運動中に体調の異変を感じたらすぐにランニングを中止することです。

体温が上がってしまうさまざまな原因

気温については、何度以上が危険、というわけではなく、当人の体調もあるし、風や湿度との関係もあります。

風がない、あるいは追い風で風を感じなければ汗をかいても汗が蒸発しにくく気化熱が奪われないので体温が冷却されにくくなります。湿度が高い気候でも同様に汗が蒸発しにくい状態ですから、汗は出るが体温が下がらない条件といえます。ダイエットを目的に、あるいは日焼けを避けるために長袖のヤッケを着込んでいるランナーを見かけることがありますが、これも危険です。ウエアによっては汗に濡れると肌にべったりとまとわりつくような素材があります。これも発汗と蒸発を妨げ体温の上昇を招きかねません。

グループで走っていると、他のメンバーが走っていると体調の変化に気がつくのが遅れたり、ついムリして走り続けてしまうことがありがちです。特に気をつけましょう。他のメンバーの様子にもお互い気を配りましょう。
脱水症に水分補給は必要ですが、熱中症の場合は脱水が原因している場合でも、体が水分を受け入れない場合があります。水を飲めば改善するという思いこみは危険です。

更新日:2011年07月12日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    5

    この記事を共有する