暮らしの法律/男女・夫婦問題

どこからがストーカー? あなたの行為は、大丈夫?

ストーカー。よく耳にする言葉ですが、皆さんは、どこからが(どこまでしたら)ストーカー行為にあたるか、ご存知ですか?もしかしたら、皆さん自身・周りの方々の行為が、ストーカー行為に値しているかもしれません。今回は、具体的な例を挙げて、検証していきます!あなたのその行為は、大丈夫ですか?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースでよく耳にするストーカー。先日もストーカーに似た強要罪で、某ロック歌手が逮捕されたと報道されていました。では、そもそもストーカーはどこまでやったら捕まるものなのでしょうか?

はじめに

悩む画像

どこからストーカー行為になるの?

ストーカーを取り締まる法律として、「ストーカー規制法」があります。このストーカー規制法については、法律の名前くらいは聞いたことがある方が多いと思いますが、その具体的な内容についてご存知ですか? つまり、どこまでしたら捕まるか(どこまでやられたら捕まえてもらえるか)ご存知ですか?

もしかしたら、あなたのその行為、ストーカー規制法で罰せられるかもしれませんよ。

ストーカー規制法ってどんな法律ですか?

文字通り、「ストーカー行為」を規制する法律です。ストーカー行為は、「つきまとい行為」を反復して行うことをいいます。つきまとい行為とは、以下のように定義されています。ただし、この法律の規制対象となる「つきまとい等」とは、「特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する」ことを目的にする行為に限られます。

  1. 自宅・学校・職場などでの、つきまとい・待ち伏せ・押しかけ等
  2. 監視していると告げる行為(行動調査など)
  3. 面会・交際の要求
  4. 乱暴な言動(例えば、家の前でクラクションを鳴らしたり、大声で粗野な言葉を浴びせること)
  5. 無言電話、連続した電話・FAX(例えば、拒否しているにもかかわらず、短時間に何度も電話やFAXをすること)
  6. 汚物・動物の死体等の送付等
  7. 名誉を害する事項の告知等(例えば、中傷したり、名誉を傷つけるような内容の文書を届けること)
  8. 性的羞恥心を侵害する物品等の送付等(例えば、わいせつな写真を送りつけたり、電話や手紙で卑猥な言葉を告げて辱めようとすること)

上記1~4については、「身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限られます。

それでは、ストーカーに遭った場合はどうすればよいのでしょう? >>

更新日:2011年06月15日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    6

    この記事を共有する