資金調達・資金繰り/資金調達・資金繰りの基礎知識

資金繰り表の作り方

経営のなかで資金繰りの予測はとても重要なこと。最低でも3ヶ月先の資金予測は経営者の頭の中に常にあるべき。もし、資金が不足することが予測される場合でも、3ヶ月間あれば新たな借入を起こすなど、余裕を持った金策が可能だからです。そのためにも資金繰り表作成が基本です。難解な資金繰り表の作り方について、やさしく解説していきます。

この記事の担当ガイド

多数の経験と複数資格で起業準備から経営までまるごと支援する専門家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営のなかで資金繰りの予測はとても重要なこと。最低でも3ヶ月先の資金予測は経営者の頭の中に常にあるべき。もし、資金が不足することが予測される場合でも、3ヶ月間あれば新たな借入を起こすなど、余裕を持った金策が可能だからです。そのためにも資金繰り表作成が基本です。難解な資金繰り表の作り方について、やさしく解説していきます。

資金繰り表作成の必要性

資金繰り表の作成が必要だとわかっていても、いざ作ろうとしても作り方がわからないという方は多いのではないしょうか。「簿記」(=過去に起きたことを記録すること)を勉強する機会は多いですが、「資金繰表」(=未来の予測の表)の作成については、なかなか学ぶ場もないのが実状です。

ただ、最低でも3ヶ月先の資金予測を立てるためにも、毎月必ず資金繰り表を作成するようにしてください。作った表自体が重要というよりも、まずは経営者の頭の中で3ヶ月先までのキャッシュの流れをイメージを持った上で経営判断できることが重要なのです。

資金繰り表の役割

安定した財務には資金繰り表の作成が不可欠

安定した財務には資金繰り表の作成が不可欠

資金繰り表の役割としては以下の3つがあります。

1.社内での資金予測し資金ショートを防ぐ
資金繰り表の役割として最も重要なのは、近い将来の資金が回るかどうか(資金ショートを起こさないかどうか)を確認するということです。つまり、現在から近い将来にかけての手元資金量が足りるかどうか。資金ショートという最悪の事態を未然に防ぐためにも作成は必須なのです。

同時に以下のような各項目についての詳細を掴むことが可能です。

  • 資金金不足になる可能性
  • 売掛金の回収状況
  • 買掛金の支払状況
  • 借入金の調達、返済状況
  • 設備投資の予定  など
2.資金予測と実績の確認
資金繰り表には将来予測の欄のほかに過去の実績の欄を掲載するようにすると、予測と実績の対比ができます。それにより、毎月必ず資金繰り表を作成して結果を検証するクセをつけると毎月の資金予測が正確なものであったか検証できるのと同時に、資金予測の正確性を高めることが可能になります。つまり、計画→結果→原因分析→対策→計画といったサイクルを繰り返すことによって、財務面でのリスクを減らし、安定した経営体制の基盤を作ることができます。

3.銀行への説明資料
銀行に対して 資金が必要な状況であるということを説明するために必要だということです。各項目の内容について、きちんと説明するということが求められます。銀行側から見れば、資金繰り表を見ると経営者の考えていること、計数管理能力などがわかるため、融資の判断材料となるのです。
 

書式はどんなものがいいか

資金繰り表として特に決まった書式というのはありません。集計計算の利便性を考えると、エクセルなどの計算ソフトを使用するのが合理的。インターネットからダウンロードした書式を使ったり、取引銀行からフォーマットを提供してもらうというのもいいでしょう。いずれにしても、自社の実状に合わせて項目を変更したり、追加したり使いやすいようにアレンジすることがオススメです。

基本的には月単位で作成、縦に入出金の項目、横に月次で数ヶ月分の推移(予測と過去の実績)という書式が一般的です。文字で説明してもわかりにくいと思いますので、次のページで実際の資金繰り表のフォーマットを元に解説していきましょう。

更新日:2011年02月24日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    18

    この記事を共有する