Mac OSの使い方/MacをWindows機として使う

MacにWindowsをインストールする方法(Leopard)

「Boot Camp」はIntelベースのMacにWindowsXPをインストールするお手伝いをします。作業はとっても簡単だけど、注意すべき点があります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【重要】
OS X Lionをお使いの方は「MacにWindowsをインストールする方法と注意点(Lion)」を参照してください。


MacにWindowsをインストールしてみよう

Boot Camp」は、IntelベースのMacでWindowsを動かすためのユーティリティです。

IntelベースのMacを使えば、Mac OS Xをインストールするのと同じようにWindowsをインストールすることができ、それぞれに切り替えて利用することで、Mac用ソフトウェアもWindows用ソフトウェアも快適な速度で動作します。もちろん、Windows向け最新ゲームソフトで遊んだりGyaOの視聴も楽々こなします。

画像
今回使用したMacBook Pro
ここでは、「Boot Camp」を使ったWindowsXPのインストールを検証してみましょう。動作確認には、IntelベースのMac「MacBook Pro」を利用しました。

「Boot Camp」とはなにか?

Boot Camp本体は、Winodwsをインストールするために必要な手順をウィザード形式で行うためのユーティリティツールです。ハードディスクのパーティションをフォーマットなしで2分割することができるため、初心者でも簡単にWindowsのインストールが行えます。

画像
Boot Campはパーティションの分割をハードディスクのフォーマットを行わずに行うことができるユーティリティです。

Boot Campを使用することで、Mac OS Xが動作していた領域を残したまま、Windowsをインストールする領域を確保できます。

画像
アップグレードと書かれた赤いマークがあるパッケージはIntelベースのMacでは使えません。なお、Service Pack 2の記載の有無にも注意しましょう。Vistaはこちら
なお、「Boot Camp」自体にはWindowsは含まれていませんので、別途WindowsVista、またはWindowsXPのパッケージソフトが必要になります。
WindowsXPでは Service Pack 2以上の正規版が必要で、こちらの製品ラインアップでいうと、「通常版」が対象となります。WindowsVistaについてはこちら

すでにアップグレード対象のWindowsを所有していたとしても、IntelベースのMacではアップグレード版を使うことができないので、間違えて買ってしまわないように注意しましょう。

インストールの前に…

更新日:2009年06月24日

(公開日:2006年04月24日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する