犬/老犬・介護

老犬・高齢犬のサインと老化度チェック

いつかはやって来る高齢期。ころころとして元気な可愛い子犬も、やがてはシニア犬となります。少しでも健やかに高齢期を送らせてあげるために、犬の老化について知っておきましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いつかはやって来る高齢期。ころころとして元気な可愛い子犬も、やがてはシニア犬となります。少しでも健やかに高齢期を送らせてあげるために、犬の老化について知っておきましょう。

老化のサインを見逃さない

14歳になったシェットランド・シープドッグ
14歳になったシェットランド・シープドッグ。若い頃と違って、寝ている時間が多くなる。
一般的に小型・中型犬で7~8歳くらいから、大型犬で5~6歳くらいから老齢期に入るとされています。それまでできていたことができなくなったり、そんな愛犬の様子にある日ふと老化を感じて寂しくなったりするかもしれませんが、それだけ長く一緒にいられたという喜びと感謝をまずはかみしめてください。

これからは老齢期を少しでも楽しく、健やかに過ごすにはどうしたらいいのかを考えましょう。子犬時代とは違う、シニア犬ならではの可愛さがあります。一緒に長い時を重ねたからこその愛情。シニア犬との暮らしも、とってもいいものですよ。

その前に老化のサインは見逃したくないもの。サインに早く気づければ、いろいろ気遣いしてあげられることもあります。その老化のサインにはどんなものがあるのでしょうか? 順を追ってご説明しましょう。

睡眠の変化

高齢になってくると、寝ていることを好むようになります。耳が遠くなったり、周囲への興味が薄れたりして、一日中寝ているといった感じになってきます。生活の中で、たとえば次のようなことがあったら、それは老化からきているものかもしれません。ただし、それらが必ずしも老化のサインとは限りません。中には病気などが原因になっている場合もありますので、気になる時には動物病院で診察を受けることをお勧めします。

■老化度チェック
□寝ている時に起こしても、なかなか反応しない、起きてこない。また、起きたとしても瞬膜の戻りが遅いことがある
□来客があったり、雷や騒々しい音・気配がしても寝ているだけであまり反応しない。または一瞬、目を開けたり、首を起こして興味を示すものの、すぐにまた寝てしまう
□これまで専用の場所で寝ていたのが、家族のそばで寝たがるようになる
□昼夜が逆転し、昼間は眠っていて夜起き出し、徘徊したり、鳴き続けたりする(痴呆の症状の一つ)

更新日:2010年04月01日

(公開日:2009年12月27日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    61

    この記事を共有する