リフォーム費用/悩み・目的別リフォーム価格実例

リフォームで床暖房!その費用は?

熱の伝わり方がやわらかく、住まい手にやさしい暖房と注目されている「床暖房」。リフォーム計画や居住スタイルによっても設置費用は異なります。今回は床暖房の設置費用とポイントについてご紹介します。

この記事の担当ガイド

親しみやすく、わかりやすく!がモットーのリフォーム現場のプロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
床暖房
人にも建物にもやさしい床暖房は、新築だけでなくリフォームでも人気です。(画像提供:パナソニック電工株式会社
「いつかは床暖房にしたい」と考えておられる方も多いのではないでしょうか。自然と家族がリビングに集まってくる、と言われるほどの快適さをもった床暖房。しかも、暮らす人にやさしいだけでなく、室内で燃焼させる暖房器具に比べ結露の原因となる水蒸気を発生させないことから、建物にもやさしい設備と言えるのではないでしょうか。

今回はこの人気の床暖房をリフォームで設置する場合の費用についてご紹介いたします。

部屋数、居住スタイルで選択する「電気式」と「温水式」

床暖房は大きく2種類に分類され、「電気式」と「温水式」があります。電気式床暖房は設置時のイニシャルコスト(工事費用)は割安となる傾向がありますが、温水式に比べランニングコスト(電気代)が高くなるのが一般的です。

反対に、温水式ではランニングコスト(光熱費)が安くなる一方、設置時に「熱源機」と呼ばれる温水を作り出す機器本体と、熱源機と床材を接続する配管工事が必要になるため、イニシャルコストが割高になります。

1日中つけっぱなしにしたり、家の全部屋を床暖房にするのであれば温水式、1~2部屋で朝夕程度の利用であれば電気式を採用すべきでしょう。

「直貼り」か、床ごと直すかが価格の分かれ目

床暖房直貼り
既存床を下地材として直接貼れるリフォーム用床暖房システムは、床ごと取り替える工事よりも低コストです。画像提供:パナソニック電工株式会社
最近ではリフォームでも手軽に床暖房が設置できるように、既存床の上に直接貼れる床暖房が用意されています。既存床を解体したり、直したりする必要がないので、設置コストも大幅に節約できます。

ただし直貼りタイプは、既存床よりも床が12~18mm程度高くなり、部分的に床暖房を設置した場合では「見切り材」と呼ばれる部材を使い、段差につまづくことがないようにきれいに仕上げる必要があります。

すでにバリアフリーになっていて床面に段差を作りたくない場合や、比較的大掛かりなリフォームにあわせて一緒に床暖房を設置したい場合は、やはり床を剥がし下地から工事をした方が仕上がりがきれいです。

一般的には10畳程度の洋室床を床暖房に入れ替える場合、床暖房の設置費用とは別に10万~15万円くらいの床解体・補修工事費用が発生します。もし既存の床に断熱材が入っていない場合は、床暖房の効率が著しく落ちてしまいますので、この機会に断熱材を入れてもらうようにしましょう。

次のページでは、無駄・ムラのない上手な床暖房の設置計画と、工事費用についてご紹介します

更新日:2011年10月26日

(公開日:2006年10月20日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    15

    この記事を共有する