疲労回復法/冷え・むくみ・だるさ予防法・回復法

冷えにくい体を作る! 体を温める食事のコツ

冷え性を放置すると、疲労は蓄積されていくばかり…。「冷え」対策として簡単にできる方法を紹介する第2弾は、食生活に注目。注意したい食生活や体を温める食べ物をご紹介します。

執筆者:吉鶴 亜紀子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「冷え」が慢性的に続くと、心身の不調を引き起こすことがあります。例えば、頭痛や月経痛がひどくなったり、ぜんそくや花粉症が悪化したり……。疲れもなかなか解消されません。そうなると日々、疲労は蓄積していくばかり。

前回は、冷え性のタイプをご紹介しました。(参考:疲れやすい… あなたの冷えのタイプは? )「冷え」対策として簡単にできる方法を紹介するこのシリーズ。今回は、食生活に注目します。

冷えを悪化させる食生活とは?

hie11.jpg
冷えを放置すると慢性疲労の原因に!
私たちが普段何気なく口にする食事。冷え性の原因にもなるのです。冬、特に冷え性の方は注意したい食生活を紹介します。次に当てはまるものがある人は要注意です。

■ 朝ごはんを抜いている
朝ごはんを抜くと体の体温が上がらず低体温になりがち。血流の循環も悪いままなので、冷えを感じてしまいます。「1日の能率UP! すっきり目覚める朝ごはん」も参考にしてくださいね。

■ 極端に偏食である
インスタント食品が多い、野菜を食べない、米・パンや麺類などの炭水化物ばかり食べる……。栄養バランスが乱れると、たんぱく質やビタミン・ミネラルの不足が起こり、冷え性を悪化させます。また、偏食だと貧血になりがちで、貧血でヘモグロビンが不足すると、栄養素が酸素不足で不完全燃焼を起こし、体を温めることができません。血液量そのものが少なくなり、末梢への血液も不足し、手足の冷えが生じるのです。

■ 体を冷やす食材を多く摂っている
食べ物は、体を温める「陽性」のものと、体を冷やす「陰性」のものに分けることができます。夏が旬のものや、南国の食べ物・飲み物は体を冷やす陰性の性質を持っています。昔の人たちは、その土地でその季節に取れるものを食べていましたが、最近は季節を問わずに、食材を食べることができます。それが冷え性を悪化させている可能性があるのです。

では、どんな食材が体を冷やすのでしょうか?

更新日:2007年12月15日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    49

    この記事を共有する