薬/目薬・点眼薬

花粉症用の目薬を選ぶコツ

花粉症の辛さのひとつは、目のかゆみや涙、充血に悩まされることです。そこで花粉症用の目薬のなかで、どれを選んだらよいのか、目薬選びのポイントをご紹介。

執筆者:高林 克枝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症用の目薬を選ぶコツ

花粉の季節がやってまいりました。この季節、目のかゆみや涙、充血に悩まされている方も多いのではないでしょうか?ドラッグストアなどの店頭には花粉症用の目薬が店頭に並んでいるのですが、沢山の種類の中からどの製品を選んだらよいのか悩むという声をよく耳にします。

今回は、花粉症のための目薬選びのポイントをいくつかご紹介します。


その目のかゆみ、本当に花粉によるアレルギー症状ですか?

目がかゆくてたまらない!でも、それは本当に花粉症の症状でしょうか?花粉症用の目薬を気軽に購入する前に、ちょっとチェック項目をごらんください。

花粉症用の目薬を買う前の症状チェック

・片方の目だけ、かゆみなどの症状がある場合
・目はかゆみなどの症状があるが、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの鼻の症状はない場合。
・目がかすんだりして、ものが見えにくいなど視力に影響がある場合。


これらのアレルギー症状は、ハウスダスト、はやり目やドライアイでも同じ症状がでることがあります。また、異物やコンタクトレンズが原因の場合もあるのです。

もし症状チェックに当てはまる項目があるときは、花粉症の症状でない場合がありますので、まず医師の診断をうけてください。


花粉症で目の症状に効く成分

花粉症で目のアレルギー症状がでるのを抑える成分にはいくつか種類があります。

=クロモグリク酸ナトリウム=
目の諸症状でお悩みの方ために、アレルギー反応を抑制するクロモグリク酸ナトリウムは、アレルギー症状をひきおこす誘発物質(ヒスタミン等)の放出を抑えることで、目のかゆみ・充血などを緩和する抗アレルギー作用があります。右の製品は、この成分を含む、藤沢薬品工業の目薬『エージーアイズ AG EYES』。

=マレイン酸クロルフェニラミン=
いま目がかゆくて不快な人のために、もうすでに起こってしまった症状を緩和するマレイン酸クロルフェニラミンは、アレルギー症状をひきおこす誘発物質の働きを抑え、目の炎症・かゆみを緩和する抗ヒスタミン作用があります。

=グリチルリチン酸二カリウム=
グリチルリチン酸二カリウムは、抗炎症作用と抗アレルギー作用があり、目の炎症をしずめます。右の製品は、この成分を含む、ロート製薬の目薬『ロート点眼薬アルガードa』。

=塩酸テトラヒドロゾリン=
塩酸テトラヒドロゾリンは、目の赤みを抑えたい人のために、白目の部分(結膜)の充血を抑える働きのある成分、塩酸テトラヒドロゾリンがあります。

次のページでは、クールなさし心地の目薬、コンタクトレンズユーザーの目薬使用についてみてみましょう。 >>

更新日:2004年02月25日

(公開日:2004年02月17日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する