大学生の就職活動/就職活動での内定から入社まで

内定辞退についての考察【タブー編】

内定辞退のマナーは?心得は? 誰に迷惑がかかるのか? そして自らが納得できる決断方法とは? 就職活動のクライマックスを自分らしく乗り越えよ! 

執筆者:見舘 好隆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内定辞退のタブーとは?

電話
内定辞退こそ、君の真価が問われる。「辞退してくれて良かった」と思われる辞退をしちゃ駄目だ。
記事「内定辞退についての考察【基本編】 【時期編】」で、内定辞退の基本的なことや時期的なことを述べた。ここであらためて、内定辞退のタブーを再確認したい。ある意味、内定辞退は君が主役だ。しかし主役だからと言って横暴な行為や、怠惰な行為は慎まなくてはならない。

「本当に君に入社して欲しかったよ!」
「違う会社だけど、お互い頑張ろう!」

と言ってもらえる内定辞退を目指そう。

  1. 無意味に内定辞退を引き延ばさない。
    決断したなら、1秒でも早くだ。私が旅行会社の人事だった頃、こんな学生がいた。内定式当日、欠席した内定者がいて電話で確認したところ、「え、行かなかったら辞退と思っていただけると思って…」とのこと。絶句。辞退してくれてありがとうと心底思った。あと、入社式当日、わざわざ研修所まで来て、内定辞退を告げた学生もいた。「お詫びも兼ねてお伺いした」とのことだが、事前に電話して欲しかった。なぜなら部屋割りや食事の手配など、全て修正しなくてはいけないからだ。更にひどい例になると、内定式当日に親から辞退の電話があった。なんて学生に内定を出してしまったんだと、自らを情けなく思ったものだ(電話する親も親だと思う)。
    何度も言う。内定辞退は、1秒でも早くだ。もちろん、自分自身で電話をするべし。
     
  2. 辞退の連絡は、担当者本人にまずは電話で
    メールはありえない。手紙では遅すぎる。まずは電話で、そして手紙も添えるのが社会のルールだ。あと、伝言は避けよう。まだ同じ人事の担当者であれば問題ないが、他部署の人が電話をとったときに、その伝言が確実に伝わるかどうかはわからない。また電話をするのが面倒くさくて、その人に「伝えてください」と押し付けるのは言語道断。とりあえず伝言をお願いしつつ、その担当者が会社にいる時間を確認して再度電話をするのがマナーだ。
     
  3. 辞退の理由はポジティブに。その会社のせいにしない
    次のページで詳しく書くが、基本的には辞退の理由はポジティブでなければならない。間違ってもその会社のせいにしてはならない。例えば、知り合いからよくない噂を聞いたとか、好ましくないニュースを知ったからなど、その会社の悪い印象を理由にしては絶対に駄目だ。なぜならば、それを論理的に否定されたら、反論できないからだ。結局は決めたのは自分であり、自分の人生である。辞退の原因は何かを長く論議しても仕方がない。あくまでも「御社にも惹かれましたが、考えた末に他社を選びました」と答えるのがベターである。一度内定を頂いた以上、辞退するのは契約破棄なのだから、低姿勢にお詫びをしよう。

説得力がある内定辞退とは、
辞退する理由を友人・知人に語れるかで決まる

清々しい
どんな人にも、その会社を選んだ理由を、胸を張って語れるかが、大事なのだ。
さて、辞退の電話をする前に、君は「辞退する理由」を親や友人、知人に胸を張って語れるだろうか? この問題が「内定辞退」に関わる問題の根幹であり、全てとも言えよう。

前述したが、まず大前提として、ネガティブな理由での辞退では駄目だ。ポジティブな理由を選ぶ会社の中で見出す努力をすることが筋である。では、どうすれば良いのか?

基本的には志望順位の更新によって、まずは2社に絞るべきであろう。でもきっとどちらを選べば良いのか、壁にぶつかるときがある。例えばA社はやりたいことができそうだがベンチャーで安定性に欠け、B社は大手で上場しているがやりたいことはできなさそうなど、どちらを選べばいいのかは本当にわからない。

そこでチャンスは前述した「内定者親睦会」で将来の同期を比べる方法がある。これで結構判断はしやすいだろう。でもそれでもわからないかもしれない。

ではどうすればいいのか?

答えは簡単。その気持ちを人事にぶつけることだ。その人事の対応で決める手もあるし、「社内を見せて欲しい」「先輩を紹介して欲しい」など、社内見学や先輩訪問を要求することに是非トライして欲しい。ベンチャーであれば、社長と話すみるのもいい。販売接客業なら、もう一度店舗に行って、お客様の視点でサービスを確かめてみるのも良いだろう。

つまり、とことんまで生の情報を足で稼いで吟味するのだ。吟味すればするほど、選ぶ理由が見えてくる。選ぶ会社のポジティブな理由が手に入る。そうすることで、きっと友達はもちろん、今まで反対していたかもしれない親も、先輩訪問など協力してくれた先輩も、そして、辞退する会社の人事も納得してくれるだろう。

更新日:2010年04月22日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する