文字列の置き換え自由自在」では、文字列を別な文字列に置き換えるSUBSTITUTE関数とその活用法について紹介しました。今回は、文字列から特定の文字列を取り出すときに使う関数をまとめて紹介します。使う頻度の高い関数ばかりがそろっています。ぜひ、この記事で使うコツを習得してください。

文字列を取り出す3つの関数

文字列から特定の文字列を取り出す場合、「取り出す位置」と「取り出す文字数」を考えます。この「取り出す位置」によって、3つの関数を使い分けます。



左側から文字列を取り出すときは「LEFT関数」、右側から取り出すときは「RIGHT関数」、その間の中央部分から取り出すには「MID関数」を使います。MID関数の「MID」は英語の中央「middle」の頭3文字。3つとも関数名がわかりやすいので覚えやすいと思います。

左側から文字列を取り出すLEFT関数

まずはLEFT関数から見ていきましょう。構文は次の通りです。



例えば、セルB2に入力されている「あいうえお」という文字列から、左側3文字の「あいう」を取り出してセルC2に表示する場合、セルC2に次のようにLEFT関数を入力します。


結果は下図の通り。左側3文字が取り出されていますね。