転職のノウハウ/転職活動の面接対策

面接時の転職・退職理由をクリアする

ほとんどの人が不平不満を基に転職を決断したはずですが、面接でこの不平不満をストレートに伝えないほうがよいです。では、どうやって、この退職理由をクリアしていけばいのでしょうか。

執筆者:西村 吉郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほとんどの人が不平不満を理由に転職
厚生労働省が雇用実態調査の結果(2013年若年者雇用実態調査)、民間企業で働く若手社員の4人に1人が「転職したい」と考えていると発表しました。転職を希望する理由は、労働条件や賃金への不満がトップで、その次に「自分に合った仕事がしたい」「自分の能力を生かしたい」といった、やりがいや自分らしさを求める項目が続いています。

以下は、会社をやめた主な理由。
労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった(22.2%)
人間関係がよくなかった(19.6%)
仕事が自分に合わない(18.8%)
賃金の条件がよくなかった(18.0%)
会社に将来性がない(12.4%)
ノルマや責任が重すぎた(11.1%)
これから見ても、ほとんどの人が何らかの不平不満で退職していることがわかります。

中途採用の面接では、必ず「あなたはどんな理由で転職しようと思ったのですか」といった質問で、転職の理由を聞かれることになりますが、このデータにあるような理由をそのままストレートに伝えたとしても、採用担当者は決して納得はしません。いまの(前の)勤め先がどんな環境にあって、上司や同僚がどういう人たちなのかなど本当のところを知り得ない立場にあるため、一方的に不平や不満をぶつけられても、それが正当な批判かどうかを判断することはできないからです。
具体的に、それぞれの退職理由について、人事担当者がどんな疑問をいだき、どこをチェックしようと考えるのかを整理しておきます。

●仕事に面白みがない、発展性がない
→仕事に取り組む姿勢はどうだったか。しっかりした仕事観を持っているか。飽きっぽい性格ではないか。自分の適性を認識しているか。希望の仕事に異動できなかったのはなぜか。
●労働条件がよくなかった(残業が多いなど)
→甘え心はないか。仕事がもともと嫌いなのではないか。「となりの芝生は青い」と思っているだけではないのか。
●会社の将来に不安を感じた
→どこまで経営状況を把握していたのか。上司との関係はうまくいっていたのか。どこにいっても不満分子になるのではないか。
●人間関係がうまくいかなかった
→誰とでもうまくやっていけないタイプなのではないか。性格的に短気で、キレやすいのではないか。社交性や協調性に欠けるところはないか。
●賃金が低かった
→低いと判断する基準は何か。能力がないからこそ結果として低いのではないか。
(以下、次のページへ)

更新日:2014年04月01日

(公開日:2001年05月08日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    13

    この記事を共有する