住宅で用いられる開口部に設ける室内建具には、いくつかのタイプがあります。空間に合わせてオリジナルで造作するケースもありますが、多くは、豊富なデザインバリエーションが揃う、建材メーカーの商品から選ぶことになるでしょう。

室内建具は、開閉方法によって、開き戸(ドア)、引き戸、折れ戸に分類することができます。一般的な洋室で多く用いられているのは開き戸ですが、最近では引き戸タイプを用いるケースも増えてきました。ここでは、室内引き戸の種類や特徴、メリット、選ぶ際の注意点などをみていきます。

[写真協力]  パナソニック エコソリューションズ

見直されてきた引き戸。商品バリエーションも豊富に

スリットから光が採り込む、天井までの片引き戸。[ベリティスundefined内装ドア スタンダード仕様 上吊り引戸 SA型 メープル柄]

スリットから光が採り込む、天井までの片引き戸。[ベリティス 内装ドア スタンダード仕様 上吊り引戸 SA型 メープル柄]

引き戸とは、横にスライドさせて開閉させる建具のこと。襖や障子の開閉方法として、日本人にとっては身近な建具のスタイルと言えるでしょう。

以前は、和室に隣接していたり、狭い空間で開き戸を設置できない場合、また、間仕切り建具などに引き戸を用いる例はみられましたが、出入り口では、開き戸(ドア)が一般的でした。しかし、ここ数年、引き戸スタイルが見直され、建材メーカーの商品バリエーションも充実し、和洋問わず、リビングやプライベートルーム、洗面やトイレなど、多くの場所でプランニングされるようになってきています。

片引き戸、引き込み戸、引き違い戸、引き分け戸などの種類がある

部屋の内と外の壁がすっきりと収まるので、壁を有効利用できる引き込み戸。[ベリティスundefined内装ドア 戸袋、引込みundefinedオーク柄]

部屋の内と外の壁がすっきりと収まるので、壁を有効利用できる引き込み戸。[ベリティス 内装ドア 戸袋、引込み オーク柄]

引き戸にはいくつかの種類があります。開閉スタイルでは、1枚の戸を左右どちらかを壁に沿って滑らせて開閉する「片引き戸」、壁の中に引き込む(扉が収納される)「引き込み戸」、2枚の引き戸を左右にどちらでも移動させ開閉することができる「引き違い戸」、左右にひき分けて開閉する「引き分け戸(両引き戸)」などに分類することができます。「片引き戸」には、戸が1枚のものだけでなく、2枚や3枚の扉が連動して開閉するタイプもあります。

また、設置方法としては、レール(敷居)のあるタイプと床面がフラットになる(レールのない)上吊タイプがあります。レールには、敷居を設けるタイプと床面に段差の少ないタイプがみられ、床面がフラットなタイプを選べば、出入りも楽で、車椅子も通りやすく、つまづく心配もないでしょう。レールがない場合は、床面に広がりが生まれるとともに、ゴミもたまりにくく、掃除機もかけやすいなどのメリットがあります。

限られた空間でも開口を確保でき、開け放せば風も通り抜ける

引き戸は、設置するための壁面は必要ですが、戸を横にスライドさせるため、開き戸のように前後に開閉スペースが必要ないので、限られたスペースでも、広い開口部を得ることができることが大きな特徴。また、開け放しておくことで、開放感だけでなく、通風を確保しやすいこと、部屋を連続させて使用することが出来たり、空間に変化を持たせることも可能なのも魅力です。その他、開閉動作が楽なことなどもメリットとして挙げられるでしょう。

樹脂シート仕上げ、突き板仕上げなどのほか、アルミなど金属系も

扉の素材には、樹脂シート仕上げ(貼り)、突き板仕上げ(貼り)などの木質系のほか、アルミなど金属系の商品もみられます。また、天井までの高さのあるものも増えてきており、壁に馴染み、広々と感じる空間を実現することが可能です。

デザイン傾向としては、シンプルなタイプが多く、自然を感じるような素材感を持つもの、スリットや格子など採光部を設けたものも。他の室内建具や建材商品などとシリーズ化されている場合も多く、空間の用途に合わせて選ぶことが可能でしょう。

静かに閉まる機能、防音性能など、使い勝手もアップ

室内引き戸には、高齢の方や幼いお子さんなど、家族誰もが安心して使用できる工夫もみられます。たとえば、手を離すと静かに閉まるタイプ、電動で動くタイプであれば、車椅子の方や身体が不自由な方などにも使いやすいでしょう。

また、家族に介護が必要な方がいる場合、トイレや洗面室に引き戸を用いることで、広い開口部を得ることができ、介護がしやすいというメリットも。チャイルドロックを取り付けることができるタイプもあるので、浴室につながる洗面室などに取り入れてもいいでしょう。

また、以前は、開き戸に比べると音が漏れやすい、という面がありましたが、最近では、日常の生活騒音が気にならない程度の遮音・防音効果のある建具もみられます。寝室や書斎、子供室やトイレなどに向いているものです。

既存の壁に後付けできる、リフォーム向け商品も

上レールは壁固定のため、リフォームでもとりいれやすい。undefined[Archi-specHIKIDO アウトセット納まり (壁付け)undefinedしっくいホワイト柄]

上レールは壁固定のため、リフォームでもとりいれやすい。 [Archi-specHIKIDO アウトセット納まり (壁付け) しっくいホワイト柄]

リフォームで、開き戸から引き戸に変更したいというケースも多いでしょう。最近では、開口部さえあれば、後付けで設置することのできるリフォーム対応の引き戸も増えてきています。壁に外付けするタイプであれば、簡単に施工することも可能。レールを取り付けるだけなので、すっきりとした納まりとなるでしょう。


室内建具のプランニングは、開口部の取り方や開閉方法など間取りと大きく関わるもの。早めに設計担当者と相談することが大切です。選ぶ際には、デザイン、素材感など、引き戸単体ではなく、空間全体で検討することが重要ですし、ショールームで実際に操作し、重さや引手の使い勝手、ロック機能などを確認することも大切なポイントです。


【関連記事】
室内建具(扉・戸)の種類と特徴
室内引き戸の種類と特徴
間仕切り扉の基礎知識
機能付き室内建具(機能ドア)の基礎知識
室内窓の基礎知識
引き戸,格子,畳etc. 和を感じるインテリア建材&設備
インテリア空間を上手に仕切る工夫と建材アイテム
リビングに続く畳スペースに適した建材アイテム
突き板(つきいた)の基礎知識
「化粧シート(仕上げ)」の基礎知識
ペットも快適に暮らせる住宅建材
床材の種類と特徴 基礎知識