内装建材/室内ドア・階段の基礎知識・新商品

室内引き戸の種類と特徴

住宅の室内建具といえば、開き戸(ドア)というイメージがあるかもしれませんが、最近では引き戸タイプを用いるケースも増えてきています。ここでは、引き戸の種類や特徴、メリットなどをまとめました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一般的な住宅で用いられる室内建具(戸・扉)には、さまざまなタイプがあります。空間に合わせてオリジナルで造作するケースもありますが、各建材メーカーからは豊富な商品バリエーションが提案され、使用する場所、部屋にあった開閉方法や機能、デザインの建具を選ぶことが可能です。

室内建具は、開閉方法によって、開き戸(ドア)、引き戸、折れ戸に分けることができます。一般的な洋室で多く用いられているのは開き戸ですが、最近では引き戸タイプを用いるケースも増えてきました。ここでは、引き戸の種類や特徴、メリット、選ぶ際の注意点などをみていきます。

[写真協力]  LIXIL(トステム)

横にスライドさせて開閉する建具

LIXIL

ナチュラルでスッキリとした片引き戸。ガラス入りのデザインで開放感を。 [ファミリーライン] 

引き戸とは、横にスライドさせて開閉させる建具のこと。スライドドアやスライディングドアなどと呼ばれることもありますが、襖や障子として、日本人にとっては身近なスタイルの建具のスタイルと言えるでしょう。

以前は、和室に隣接していたり、狭い空間で開き戸を設置できない場合、また、間仕切り建具などに引き戸を用いる例はみられましたが、出入り口や収納には、開き戸(ドア)が一般的でした。しかし、ここ数年、引き戸スタイルが見直され、建材メーカーの商品も充実、さまざまな空間に取り入れられています。

スペースをとらずに開口を確保、風も通り抜ける

LIXIL

壁内に戸が納まるので空間がすっきりと。 [ウッディーライン 室内引戸 上吊方式 引込み戸]

引き戸の中でも、開閉方法の違いによって、いくつかの種類に分けられます。壁に沿って引き開ける「片引き戸」、壁の中に戸を収納する「引き込み戸」、2枚以上の戸を左右のいずれかに引いて開閉するのが「引き違い戸」、「引き分け戸(両引き戸)」は両方に引くスタイルです。

いずれの引き戸も、その魅力は、限られたスペースで広い開口部を得ることができる、ということ。前後に開閉させる開き戸(ドア)タイプの場合、扉の開閉スペースが必要ですが、引き戸であれば、その開閉スペースを確保する必要がなく、狭い空間でも設置することが可能です。

また、引き戸を開け放しておくことで、夏場は風も通り抜けるのと同時に、開放感を生み出すことも。開け放しておいても、扉も邪魔にならず、ドアストッパーも不要なのもメリットでしょう。

家族みんなが使いやすく、家事も楽に

LIXIL

車椅子でもラクに出入り可能。大型家具の出し入れも便利。 [大開口建具]

また、高齢の方や小さなお子さんでも使いやすく、安全に使えるような工夫を施した商品も多くみられます。たとえば、戸が1枚のものだけでなく、2枚や3枚の扉が連動して開閉するものや手を離すと静かに閉まるタイプ、電動で動くタイプであれば、車椅子の方や身体が不自由な方などにも使いやすいでしょう。

家族に介護が必要な方がいる場合、トイレや洗面室に引き戸を用いることで、広い開口部を得ることができ、介護がしやすいというメリットも。チャイルドロックを取り付けることができるタイプも提案されています。

その他、下枠の段差を少なくしたり、上吊りで床面がフラットになるタイプであれば、出入りも楽でしょうし、車椅子も通りやすくつまづく心配もありません。レールがないものは、ゴミもたまりにくく音も静か。開放できることで、掃除機がかけやすく、ドアノブに袖口などを引っかけることもないでしょう。


次ページでは、デザインや機能などの傾向をみていきましょう。

更新日:2013年11月20日

(公開日:2008年12月05日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する