動画撮影・動画編集/ムービーメーカーでビデオ編集

ムービーメーカーでビデオ編集—取り込み編

Windows Vistaには「Windowsムービーメーカー」というビデオ編集ソフトが標準で搭載されていますが、ご存じですか? 今回は、このムービーメーカを使ったビデオ編集の方法について解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows Vistaには「Windowsムービーメーカー」というビデオ編集ソフトが標準で搭載されていますが、ご存じですか? 今回から、このムービーメーカを使ったビデオ編集の方法について解説していきます。「ムービーメーカーでビデオ編集」 の第一回目は、ムービーメーカーで動画を取り込む方法をご紹介します。

ムービーメーカーでビデオ編集

▲Windows Vistaに付属の「Windows ムービーメーカー」

Windows XPやWindows Vistaには、「Windowsムービーメーカー」(以下「ムービーメーカー」と省略)というビデオ編集ソフトが標準で搭載されています。

この編集ソフト、ハイビジョン形式の映像も編集できるってご存じでしたか? ハイビジョンといっても、HDV形式の映像で、主流になりつつあるAVCHD規格のハイビジョン映像には対応していないのですが、HDV形式であれば、ビデオカメラからの映像の取り込みができます。

そのほか、AVI形式やMPEG形式、WMV形式の映像なども編集でき、Webサイトで公開するムービーであれば、簡単にムービーメーカーで作成できます。

連載では、HDV形式のハイビジョン映像をムービーメーカーに読み込み、それを編集してWMV形式で出力するするという、一連のビデオ編集の方法を解説します。

なお、連載は次のような内容で進めます。

第1回目:映像を読み込む
(この記事)
 
 

 ビデオカメラから取り込む

では、早速HDV形式のビデオカメラから映像を取り込んでみましょう。

1・ビデオカメラを接続する

ビデオカメラをパソコンに接続します。ムービーメーカーの場合、SD(標準画質)タイプやHDVなど、記録メディアにminiDVテープを利用したビデオカメラが取り込み対象の主流になります。この場合、ビデオカメラとは主にIEEE1394端子どおしを接続します。
このほか、ハードディスク上に保存されている動画ファイルも読み込めます。

▲パソコンとビデオカメラを接続する。


2・ビデオを再生モードにセットする

パソコンに接続したビデオカメラは、テープに記録されている映像を再生する、再生モード、ビデオモードにセットします。

▲ビデオカメラをビデオモードにセットする。


3・ムービーメーカーを起動する

ムービーメーカーを起動します。

▲ムービーメーカーを起動する。


4・「デジタルビデオカメラから」を選択する

編集画面の左にある「読み込み」から、「デジタルビデオカメラから」を選択します。

▲「デジタルビデオカメラから」を選択する。


5・読み込みの設定を行う

「ビデオの読み込み」ダイアログボックスが表示されるので、テープの名前や読み込んだデータの保存先フォルダの指定、読み込むファイルの形式などを設定します。なお、読み込み先は、デフォルト(初期設定)では「ビデオ」フォルダに設定されています。

▲読み込みの設定を行う。
1・ビデオテープの名称を入力する。
2・読み込んだデータの保存先を設定する。
3・読み込み方法を確認する。
4・「次へ」ボタンをクリックする。

6・どのように読み込むかを選択する

miniDVテープの全体を読み込むか、一部を読み込むかを選択します。ただし、HDV形式の場合は、テープ全体が読み込まれます。

▲どのように読み込むかを選択して、「次へ」ボタンをクリックする。


7・読み込みを開始する

読み込みが開始されます。このとき、ダイアログボックスには「ビデオを読み込んでいます...」と表示され、読み込み中のが映像がプレビューに表示されます。

▲プレビューに読み込み中の映像が表示される。


8・読み込みを停止する

読み込みを途中で停止する場合は、「停止」ボタンをクリックします。このとき、映像は途中までしか読み込まれないがよいかという確認メッセージが表示されるので、「はい」ボタンをクリックします。

▲確認メッセージが表示されるので、「はい」ボタンをクリックする。


9・データが登録される

読み込んだデータが登録されます。

▲読み込んだデータが登録される。

更新日:2009年04月01日

(公開日:2008年05月31日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する