動画撮影・動画編集/ムービーメーカーでビデオ編集

ムービーメーカーでビデオ編集—BGM編

ムービーメーカーでのビデオ編集、第5回目は、BGMの設定です。 映像にとってBGMは、両輪の片方のようなもの。 ムービーメーカーでのBGMの設定方法を解説しました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ムービーメーカーでビデオ編集」 、第5回目は、BGMの設定です。 映像にとってBGMは、両輪の片方のようなもの。 ムービーメーカーでのBGMの設定方法を解説しました。

BGMを配置する

ムービーにとって、映像が両輪の片方とすれば、もう片方がBGMといっても過言ではありません。今回は、今編集している映像に、BGMを設定する方法について解説しましょう。

編集中のムービーにBGMを設定するには、これまで利用していたストーリーボードではなく、タイムラインという作業エリアを利用して作業を行います。まず、ストーリーボードをタイムラインに切り替えてみましょう。

1・タイムラインに切り替える

ストーリーボードをタイムラインに切り替えるには、次のように操作します。

▲ストーリーボードで表示されている。

▲「▼」をクリックしてメニューを表示し、「タイムライン」を選択する。

▲タイムライン表示に切り替わる。

 
2・サウンドデータを配置する

タイムラインには、「オーディオ/音楽」というエリアがあります。「ビデオ」や「タイトルオーバーレイ」という名称もありますが、これらを「トラック」といいます。

トラックというのは、「データを記録する領域」のことをいいますが、元々はフロッピーディスクやハードディスクのデータを記録する領域のことで、ディスクに同心円状に配置されていたのが、運動場のトラックと似ていたことから、こう呼ばれるようになしました。ビデオ編集では、このトラックが直線だということですね。長距離用の長い直線トラック、とでも考えましょうか。

▲3本のトラックで構成されている。

トラックについて

トラックというのは、「データを記録する領域」のことをいいます。元々はフロッピーディスクやハードディスクのデータを記録する領域のことで、ディスクに同心円状に配置されていたのが、運動場のトラックと似ていたことから、こう呼ばれるようになしました。ビデオ編集では、このトラックが直線だということですね。長距離用の長い直線トラック、といったところでしょうか。


「読み込んだメディア」領域に読み込んであるサウンドデータを、この「オーディオ/音楽」トラックにドラッグ&ドロップして配置します。

▲オーディオ/音楽トラックにドラッグ&ドロップする。

▲サウンドデータがトラックに配置される。   (画面をクリック)


更新日:2009年04月01日

(公開日:2008年07月05日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する