掃除/風呂・洗面所掃除

排水溝・排水口掃除の仕方

見るのも触るのもイヤな排水溝のお掃除法。今回はエコな重曹を主に使用したやり方をレクチャーします。

この記事の担当ガイド

家の事・子どもの事・仕事の三つ巴を愉しむ三児の母ずぼら掃除を提唱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

排水溝汚れ、4つの主原因

 ひっきりなしに「汚水」にさらされ続ける排水溝

ひっきりなしに「汚水」にさらされ続ける排水溝

排水溝って、どうしてこう汚いのでしょう。「排水溝」は、日々出る汚水が垂らされ流れ続ける溝のこと。この溝を伝って汚水は排水口から排水管に至り、下水管へと流れ去っていくわけですが、そもそも排水溝に流されるのが汚水(排水)でなければ、こんなには汚れずに済むはずです。

たとえばお風呂場で生じる汚水には、石けん液、皮脂、シャンプー、リンス、抜け毛、ふけが主に含まれています。さらに愛犬などの身体を洗う場合には、抜け毛。布オムツ洗濯をしたり、靴を洗ったりする場合には、排泄物や泥砂までもの多様な汚れが含まれるのです。

この種類や量が多ければ多いほど、そしてお手入れ頻度が低ければ低いほど、またお風呂場自体や排水溝周辺の温度と湿度が高ければ高いほど、その排水溝は汚れるというメカニズム。そんな家庭の排水溝にへばりつく「汚れ」とは、主に以下の4者になります。

  1. オレンジ色っぽいヌルヌル汚れ→酵母(ロドトルラ)
  2. 白っぽいガザガサ汚れ→石けんカス(金属石けん・カルシウム石けん、マグネシウム石けん)
  3. 黒っぽくベットリした汚れ→クロカビ(クラドスポリウム)など
  4. 抜けた毛髪、ペットの毛、綿ボコリ

これらをいかに効率よく排水溝から排除するか? が課題なのです。


更新日:2009年09月15日

(公開日:2009年04月12日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    41

    この記事を共有する