ゴルフ/ゴルフクラブ・用品の選び方

中古ゴルフクラブの買い方・選び方 その1

大型フランチャイズチェーンなどの台頭から、急速にゴルファーへの認知度が高まっている中古ゴルフクラブ。身近になりつつある中古クラブのメリットを解説。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古ゴルフクラブのメリット

タイトリストの「PTメタル」。製造中止だったモデルだが、タイガー・ウッズが使用したことで価値が高騰。最終的には復刻版が登場したモデル
大型フランチャイズチェーンなどの台頭から、この5・6年で中古のゴルフクラブを扱うショップが激増しました。現在、日本における中古ゴルフクラブの市場は、400億円を超えるといわれており、ゴルファーにとって中古クラブは身近になりつつあります。

新品クラブに比べて価格の安いこと、今使っているクラブを買取(下取り)に出せることが中古ゴルフショップの最大のメリット。安い中古クラブを買い、それをまた売ることで、クラブ買い替えにかかる費用を抑えることができます。またゴルフクラブには、自分のスイングに合う、合わないがあるので、自分にあったクラブを選ぶのに、いろいろなクラブを試すのに適した中古クラブを活用するのは賢い方法と言えるでしょう。

すでに販売の終了している過去のモデルを扱っているのも、中古ゴルフショップの大きな魅力。中古ゴルフクラブでは、下記のような商品が人気となっています。

1、1・2年前のモデル
中古クラブは、モデルチェンジがあるたびに価格が安くなっていきます。発売後、1・2年が経過したモデルは最新モデルと大きな性能の違いがないわりに価格が下がるため、コストパフォーマンスが高くなります。

2、販売終了後の人気商品
特にフェアウェイウッドやパターなどに多いのですが、プロゴルファーが使用したり、雑誌で紹介されたりすることで、販売終了後に人気を集めるモデルがあります。それらは中古でしか手に入れることができない商品といえます。人気を見込んで価格があがってしまう場合もあります。

3、プレミアムクラブ
クラシックパターやプロ支給品など、手に入りにくいコレクションアイテムも中古ゴルフショップで扱っています。ガイド自身も中古ショップのフランチャイズ本部で勤務していた際、多くのプレミアムパターや歴史的な価値のあるヴィンテージモデルを見ることができました。数はもちろん少ないのですが、希少なゴルフクラブに運良く出会うことができるかもしれません。

>>次は、中古ゴルフクラブの特徴について>>

更新日:2006年07月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する