Mac OSの使い方/WindowsからのMacへの移行、連携

WindowsとMacでファイル共有する

2台のパソコンでMacとWindowsを両方使う場合、それぞれでデータの受け渡しするには、ローカルネットワーク(LAN)によるファイル共有が最も手軽に行えます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MacとWindowsをネットワークでつなごう!

MacとWindows2台のパソコンを使う場合、それぞれでデータの受け渡しするには、ローカルネットワーク(LAN)によるファイル共有が最も手軽です。

家庭内LANの場合なら、どちらかのフォルダを共有状態にして、アカウントやネットワークの設定を少し変更してやればOK。企業内ネットワークなら、MacのNetBIOS名をネットワーク管理者に登録してもらえば、より高度なネットワーク操作も可能になります。

ここでは、それらのうち家庭内ネットワークの構築方法とそれぞれの注意事項を紹介します。
※Mac OS X v10.5、v10.6およびWindows XP、Windows Vista、Windows 7を対象とします。
 

まずはMac OS X側の設定を見直し

WindowsとMacをネットワークで接続する場合、ネットワーク上で認識される任意の固有の名前(マシン名またはホスト名)に設定する必要があります。

まずはMac側の名前を設定しましょう。どのような名前にするのかは自由ですが、一般的に英数8文字から12文字以内が望ましいとされています。

●設定方法
  1. システム環境設定 > 共有 を開き、ファイル共有などはオフにします
  2. 「編集…」ボタンをクリックして、「ダイナミック・グローバル・ホスト名を使用」をオンにし、ホスト名を入力してOKをクリックします(例:macintosh)
  3. ローカルホスト名はMac同士のアクセスなどで使用されます。ユーザ、パスワードは空白のままでもOK(クリックで拡大)

    ローカルホスト名はMac同士のアクセスなどで使用されます。ユーザ、パスワードは空白のままでもOK(クリックで拡大)
     

  4. 「ファイル共有」をクリックしてオンにし、「オプション…」から「SMB(Windows)を使用してファイルやフォルダを共有」をオン。Windowsからのアクセスに使用するアカウントをオンにします。
  5. Mac OS XとMac OS Xでファイル共有する場合は「AFP を使用してファイルやフォルダを共有」をオンにします(クリックで拡大)

    Mac OS XとMac OS Xでファイル共有する場合は「AFP を使用してファイルやフォルダを共有」をオンにします(クリックで拡大)


●英語表記のアカウント名を確認する
WindowsからMacにアクセスする場合、Mac OS Xで表示されている日本語のアカウント名は使えません。以下の方法で、英語表記のアカウント名を確認してください。

【確認手順】
  1. システム環境設定 > アカウント を開く
  2. 「変更するにはカギをクリックします」の左にあるアイコンをクリックしてパスワードを入力
  3. 自分のアカウントの上でcontrol +クリックして表示されるメニューで「詳細オプション…」を選びます
  4. 表示されるダイアログでアカウント名を確認します
  5. 表示では「木下 幹司」となっていますが、内部的には「kinoshita」が使われています

    設定画面の表示では「木下 幹司」となっていますが、内部的には「kinoshita」が使われていることがわかります

 

Windowsとワークグループ名を一致させる

Windowsネットワークでは、ネットワークのグループを定義する“ドメイン”や“ワークグループ”という設定があります。企業内ネットワークではドメインが主に使われますが、家庭内ネットワークではワークグループを使います。

家庭内LANでMacとWindowsを接続する場合、それぞれワークグループ名を同一にしてやると、Mac OS XならばFinder、Windowsではエクスプローラのネットワーク上にそれぞれのマシン名が表示されるようになるので、接続する為にネットワークのアドレスを入力する手間もなく、便利に使うことができます。
ダブルクリックで接続できるため、面倒なパスの入力も不要です(クリックで拡大)

ダブルクリックで接続できるため、面倒なパスの入力も不要です(クリックで拡大)


【操作手順】
以下、Macのマシン名が「macintosh」、Windowsのマシン名が「WINDOWSPC」ワークグループ名が「MACHOME」Mac OS Xにログインしているアカウント名が「kinoshita」で、Windows側のアカウント名が「kanji」とした場合。

なお、ワークグループ名はWindowsでは大文字、Macでは小文字で入力してください。

●Windows XPの場合
  1. スタートメニュー > マイ コンピュータ にマウスカーソルを合わせ、右クリックしてメニューから「プロパティ」を選択
  2. 「コンピュータ名」タブから「変更(C)…」をクリックし、コンピュータ名(例:WINDOWSPC)、ワークグループ(例:MACHOME)を変更。OKボタンをクリック
  3. 「OK」ボタンでダイアログを閉じていくと、最後にWindowsの再起動を促されるので再起動します

●Wndows Vistaの場合
  1. スタートメニュー > コンピュータ にマウスカーソルを合わせ、右クリックしてメニューから「プロパティ」を選択
  2. コントロール パネル¥システムとセキュリティ¥システム が開くので、左上の「システムの詳細設定」をクリック
  3. 「コンピュータ名」タブから「変更(C)…」をクリックし、コンピュータ名(例:WINDOWSPC)、ワークグループ(例:MACHOME)を変更。OKボタンをクリック
  4. 「OK」ボタンでダイアログを閉じていくと、最後にWindowsの再起動を促されるので再起動します

●Windows 7の場合
  1. スタートメニュー > コンピューター にマウスカーソルを合わせ、右クリックしてメニューから「プロパティ」を選択
  2. コントロール パネル¥システムとセキュリティ¥システム が開くので、左上の「システムの詳細設定」をクリック
  3. 「コンピューター名」タブから「変更(C)…」をクリックし、コンピューター名(例:WINDOWSPC)、ワークグループ(例:MACHOME)を変更。OKボタンをクリック
  4. 「OK」ボタンでダイアログを閉じていくと、最後にWindowsの再起動を促されるので再起動します
  5. ワークグループ名を一致させることで、同一ネットワークにいるマシンとして認識されます(クリックで拡大)

    ワークグループ名を一致させることで、同一ネットワークにいるマシンとして認識されます(クリックで拡大)


●Mac OS X v10.5/10.6の場合
  1. アップルメニュー > システム環境設定… を実行
  2. システム環境設定の「ネットワーク」をクリック
  3. ネットワークに使用している接続方法を左側から選び、「詳細…」ボタンをクリック
  4. 「WINS」タブをクリックし、NetBIOS名(例:macintosh)とワークグループ(例:machome)を変更し、「OK」をクリック
    ※Air MacとEthernetなど複数の接続を使用している場合は、すべてに設定します
  5. NetBIOS名は最初に設定した「macintosh」が自動的に適用されているように見てますが、勝手に変化する場合があるため、キータイプして入力しておきます(クリックで拡大)

    NetBIOS名は最初に設定した「macintosh」が自動的に適用されているように見えますが、自動的に変化する場合があるため、キータイプして入力しておきます(クリックで拡大)

  6. 右下の「適用」ボタンをクリック

なお、上記作業を行ってもFinderやエクスプローラにマシン名が表示されない場合、以下のいずれかの作業を行ってみてください。
  • Mac OS X側のワークグループ名の小文字を大文字に変えてから一度適用し、再度小文字に変更する(例:machome > MACHOME > machome)
  • Mac OS X側のワークグループ名を一度違う名前に変えて「適用」し再度元に戻してから「適用」する(例:machome > machomez > machome)
  • Mac OS X側のシステム環境設定 - 共有で、「ファイル共有」などをON/OFF

次のページでは、実際に接続する方法を説明します。


更新日:2009年11月17日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する