Mac OSの使い方/Macの設定・管理

古いMacのデータや設定をまるごと新しいMacに移行

Mac OS Xには「移行アシスタント」というツールが付属します。このツールを使えば、難しい操作は一切不要で、古いMacから新しいMacにインストールしたアプリケーションから、設定、データなどをまるごと転送できます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいMacへのデータ移行は「移行アシスタント」を使おう

新しいMacを買いたいけど、環境の移行が面倒…そんな場合もMacなら心配ありません。

Mac OS Xには「移行アシスタント」というツールが付属します。このツールを使えば、古いMacにインストールしたソフトウェア、設定、データなどを、新しいMacにまるごと転送できます。
「移行アシスタント」はアプリケーション/ユーティリティ フォルダに格納されています(クリックで拡大)

「移行アシスタント」はアプリケーション/ユーティリティ フォルダに格納されています(クリックで拡大)


このツールを使えば、追加ソフトウェアのコピーまで自動で行えるので、作業終了時には以前の状態とほとんど変わらない状態※で、Macを使い始めることができます。
※システム フォルダ以下を変更するiWorkなどのアプリケーションでは、再インストールが必要になる場合があります

新しいMacを買う前にどのように移行するか計画を立てよう!

「移行アシスタント」を使用する場合、データが保存されている転送元のMac、またはその情報が含まれる外付けハードディスクが必要になります。転送元のMacが手元にある場合、とくに事前準備は必要ありませんが、新しいMacのアカウント名が転送元のMacと重複しないように注意してください。

新しいMacを買う資金として転送元のMacを先に下取りに出したい場合など、転送元のMacを手元に残せない場合は、事前に外付けハードディスクなどを使ってTime Machineにより転送元になるMacのバックアップを作成しましょう。
Time Machineを使うには外付けハードディスクか、Time Capsuleが必要になります(クリックで拡大)

Time Machineを使うには外付けハードディスクか、Time Capsuleが必要になります(クリックで拡大)


あるいは、Time Machineのバックアップの代わりにディスクユーティリティを使って転送元のハードディスクを丸ごとイメージとしてバックアップしてもOKです。
ディスクユーティリティでは起動ディスクのイメージを作成することができないため、あらかじめパーティションを分割して空き領域に作業用のMac OS Xをインストールするなどの工夫が必要になります(クリックで拡大)

ディスクユーティリティでは起動ディスクのイメージを作成することができないため、あらかじめパーティションを分割して空き領域に作業用のMac OS Xをインストールするなどの工夫が必要になります(クリックで拡大)


更新日:2009年09月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    13

    この記事を共有する