インド/インドの観光・世界遺産

インドの観光・世界遺産

長い歴史と豊かな自然を誇るインドには、21の文化遺産、5の自然遺産と、合わせて26の世界遺産があります。この記事では、そんな世界遺産を含むインドのおすすめ観光名所を、13ヶ所厳選してご紹介します。

執筆者:冬野 花

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見どころ満載! インドの世界遺産

デリーのインド門

デリーのインド門

ひとつの国の中で、様々な文化が混在し、宗教のるつぼとも言われるインド。長い歴史と豊かな自然を誇るこの国には、21の文化遺産、5の自然遺産と、世界遺産の数は26にも及びます。この記事では、そんな世界遺産を含むインドのおすすめ観光名所を、13ヶ所厳選してご紹介します。

インドの定番観光名所

「インド」と聞いて多くの人が連想するのは、やはりタージマハルでしょう。インド文化を象徴する、ガンジス川の沐浴風景が有名なバラナシも欠かせません。首都デリーから近く、外国人に人気のラジャスターン州の中心となる町ジャイプルも、代表的な観光地です。

定番1 タージマハル(1983年世界遺産登録)

夕暮れのタージマハル

夕暮れのタージマハル

言わずと知れた「タージマハル」。世界中で発行される、インドガイドブックの表紙にも多く登場し、インドの代名詞となっています。

ムガール帝国の皇帝シャージャハーンが愛妻ムムターズマハルの死を悲しんで建てさせた廟で、建築には22年の歳月をかけ、一流の職人約2万人が携わったそう。門をくぐるとやがて姿を現すその美しい姿は、やはり感動もの。また、満月の晩にホテルの屋上などから見るその幻想的な姿は、心に染みます(綿密なイスラム設計であるタージマハルは、ある程度離れた高い場所に行かなければ、外からは見れないようになっている)。

アーグラー城塞の内部

アーグラー城塞の内部

広大な面積を持つインドですが、タージマハルがあるのは首都デリーから比較的近いアーグラーという町。急行列車に乗っていけば、2~3時間で行くことが可能です。アーグラーでは、タージマハル同様に皇帝シャージャハーンによって建てられた「アーグラー城塞」(1983年世界遺産登録)も見るといいでしょう。 

更新日:2009年12月22日

(公開日:2009年12月21日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    33

    この記事を共有する