カラーコーディネート/カラーコーディネート関連情報

かさねの色目~平安貴族の「雅(みやび)」な色

「和」の伝統色の中でも人気の高い「かさねの色目」の中から、早春にふさわしい色・配色を3つずつご紹介します。四季折々の自然を模した、日本ならではの美しい色・配色をご覧ください。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

四季折々の自然を模した「和の色」

「かさねの色目」とは、表地と裏地がかさなってできる「重層色」
かさねの色目とは、衣の表地と裏地が重なりあってできる「重層色」のこと。衣をかさね着するときの「配合色」を指す場合もある。

あなたの一票のコーナーで、「あなたが好きな和の色はどんな色?」の投票を実施しました。最も人気が高かったのは、「かさねの色目~平安貴族の雅な色」という結果になりました。

「かさねの色目」とは、平安時代(794年~1192年)から鎌倉・室町時代(1192年~1573年)の貴族の装束の色のこと。植物の花や実や根から「色素」を汲みだして絹などを染めあげた「染織物」の色のことを指します。また、「かさね」を、「重(かさね)」と書くときは、衣の表地と裏地を重ねたときにできる「重層色」を指し、「襲(かさね)」と書くときは、衣を重ね着したときにできる「配合色」を指します。

宮廷に仕える女官たちは、季節の移り変わり、宮廷のおける「ハレ(公け)」と「ケ(平常)」、着る人の年齢や好み、個性などに合わせて、衣服を選ぶセンスや教養が必要とされていました。そして、自然への融和を大切にした平安貴族たちは、衣服の色にも自然の美を積極的に取り入れ、四季折々の自然を模した、日本ならではの美しい色・配色が生み出してきました。

ひとくちに「かさねの色目」といっても、実に様々な色があります。そこで今回は、早春らしい色目の中から6つ選んで、ご紹介します。


CONTENTS
Page1:重(かさね)の色目~表地と裏地が重なりあってできる色
Page2:襲(かさね)の色目~重ね着スタイルの配色美


重(かさね)の色目~表地と裏地が重なりあってできる色

「梅」は早春を象徴する色。
「梅」は早春を象徴する色。冬から春にかけて身につける装束には、「梅」にちなんだ色が多く見られます。

布を染め上げた「染色(そめいろ)」、先染(さきぞめ)の経糸と横糸が織りなす「織色(おりいろ)」の他に、裏地を付けた袷(あわせ)仕立ての衣に見られる色が「重(かさね)の色目」です。当時の染色技術では、現代のような多種多様な色をつくりだせなかったという事情もありますが、2つの色、風合いの異なる布が重なりあってできる「趣」を、平安貴族たちは楽しんでいたようです。

「和」の色名には、自然にちなんだ名前が多く、平安の貴族たちは、四季の移り変わりとともに変化する野山の彩りを、自らの衣裳にまとってきました。早春の時期は、「梅」にちなんだ色が多いのが特徴です。

 

■雪の下(ゆきのした)

   
       
       
     

着用時期:冬、表:白、裏:紅梅
梅の花に雪が積もって、寒さのなかにも凛とした佇まいを思い起こさせる色です。裏地にもちいられる「紅梅」は、乾燥させた紅花の花びらを水のなかで揉んで紅色を出し、梅の実を燻製した烏梅(うばい)からとった酢で鮮やかに発色させることで得られます。表地には、精錬していない張りのある生絹(すずし)がもちいられていたようです

 

■梅(うめ)

   
       
       
     

着用時期:春、表:白、裏:蘇芳(すおう)
奈良時代に中国から渡来した「梅」は、平安時代には、「白梅」は香を、「紅梅」は色を主として賞玩されていました。この色は、咲き匂う「白梅」の花の色を表したもの。裏地にもちいられる「蘇芳(すおう)」は、熱帯の豆科の植物「蘇芳」の煎汁をもちいることによって得られます。

 

■莟紅梅(つぼみこうばい)

   
       
       
     

着用時期:冬春、表:紅梅、裏:蘇芳(すおう)
平安の女官たちが愛用した「紅梅」の色の衣。四季の移り変わりを大切にしていた平安貴族たちにとって、2月以降に「紅梅」の色の衣を身につけるは時期はずれとされていました。『枕草子』の「すさまじきもの(あきれるほどひどいもの)」の中にも、3、4月に「紅梅」の色の衣を身につけることがあげられています。

 

次は、襲(かさね)の色目~重ね着スタイルの配色美をご紹介します!

 

※色はあくまで目安です。ブラウザやディスプレイによって、見え方が異なります。
※参考図書:『かさねの色目 平安の配色美』長崎盛輝著 『日本の色を染める』吉岡幸雄著

 

【関連記事】

色の基本を身につけよう!色の三属性とイメージ
色の基本を身につけよう!ディープトーン~クラシカルな色
色の基本を身につけよう!ダークトーン~マニッシュな色

【関連リンク】

おすすめINDEX 日本の伝統色
おすすめINDEX カラーコーディネートの基礎知識

※記事の更新やカラーコーディネートの情報を満載したコラムをメルマガにてお知らせします。
ご 登録はこちらからどうぞ。

更新日:2006年01月05日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する