妊娠の基礎知識/出産予定日

出産予定日を計算するには

出産予定日は最終生理の日付から自分で計算できます。そして、もっと正確な予定日にするために、ぜひしておきたいこととは?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終月経の始まった日が計算の基準です

yoteibi.jpg
最終月経の日が計算の基準になります。

妊娠がはっきりしたら、真っ先に知りたいのが予定日ですね。出産施設の初診で計算してくれますが、自分でも計算できます。計算の手がかりは、最終月経の始まった日で、その日から40週足せば予定日です。次のやり方は28日周期の人が生理開始日の2週間後に排卵したと想定した計算法です。

1. まずは年を計算します
最後の月経の開始日に1年プラス。
2. 月を計算します
その日から3ヶ月マイナス。
3. 日を計算します
その日に7日プラスした日が、予定日です。

生理周期が28日ではない人は、その差を足したり引いたりしてください(30日周期なら、2を足す)。


排卵日がわかればより正確にわかる

上の方法では、排卵日が前後していた場合は、その日数分、計算がずれます。ですから排卵日がわかっている人は、より正確に計算しましょう。排卵日に38週間プラスした日が予定日です。

排卵日は妊娠2週0日に当たるのです。お腹にいる日数をよく「十月十日」と言いますが、これは最終生理の開始日から排卵日までの<<まだ赤ちゃんはいない>>二週間を含めての計算です。


計算による方法は、あくまくでも目安

この予定日の計算は、あくまでも目安です。排卵日から計算した人はまだしも、最終月経の開始日からの計算をしたほとんどの方は、これはあまりあてにしないでおきましょう。妊娠が進むにつれ、予定日の精度をあげていくチャンスがあります。

予定日をもっと正確にする方法とは?

更新日:2007年06月30日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する