旅行前に知っておきたい、タイの治安

よくある犯罪手口やトラブルのパターンを知っておけば、タイ旅行で嫌な思いをせず親切な人たちとの交流が楽しめる

よくある犯罪手口やトラブルのパターンを知っておけば、タイ旅行で嫌な思いをせず親切な人たちとの交流が楽しめる

穏やかで親切な国民性のタイの治安は概ね良く、普通に旅する分には特にトラブルに巻き込まれることは少ないでしょう。それでも観光大国ゆえ、観光客をターゲットにした置き引きや、詐欺などの軽犯罪は報告されているのも事実。金銭トラブルや個人的な恨みを買わない限り、殺人などの重犯罪に日本人が巻き込まれるケースは少ないですが、日本にいるときと異なり海外では、気が緩んで人をすぐに信用してしまいがち……。 そんなトラブルに巻き込まれることのないよう、観光客が陥りがちなトラブル例をご紹介しましょう。

日本にいれば、強引な客引きを怪しいと思うでしょうし、タクシーに乗って「メーターを使わない」と言われれば、「おかしい」と思います。でもそれが海外で、笑顔を絶やさず親切を装い、半ば強引に説得されたら……拒否できず、トラブルに巻き込まれてしまうことが多いよう。無用なトラブルを防ぐためにも、少しでも怪しいと思ったら毅然とした態度を取ること、知らない人(たとえ相手が日本人でもあっても)をむやみに信用しないことが大切です。

また、バンコク以外なら有名な観光地周辺や観光客が集まるエリアなどで客待ちをしているタクシーは悪徳タクシーである場合が多いので、流しのタクシーをつかまえることをおすすめします。

スリ、置き引き

他の東南アジア周辺国に比べてスリ被害は少ないと言われてますが、ショッピングエリアや市場などでの混雑したところでは観光客のみならずタイ人でも被害にあうことも……。

対策としては、大金や貴重品は持ち歩かない、財布を人前で広げない、人前でよく取り出す小銭や20、50、100バーツ札など小額紙幣の入った財布は別にしておく、バッグは身体の前で持つといったことがあげられます。