新生児育児/新生児の湿疹、主なトラブル

新生児の湿疹の種類と対処法

新生児期の赤ちゃんの顔にできる湿疹は、主に「乳児湿疹」「汗疹」「脂漏性湿疹」の3つです。ほとんどの場合、よく泡立てた石鹸で洗うと綺麗になります。スキンケアもやりすぎには気をつけましょう。

この記事の担当ガイド

ゆっくり、ゆっくりママになればいいんだよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの湿疹は汚れやすい胸~顔にかけて多く発生します。

新生児の湿疹の中で一番、出来やすい部位は「顔」「首~胸」「頭の生え際」主に上半身、特に顔の周辺部位になります。よだれ、おっぱいやミルクを吐いたり、汗をかいたり汚れやすく、皮膚と皮膚が重なっている所が特に多いです。
 

新生児の湿疹は「乳児湿疹」「汗疹」「脂漏性湿疹」の3つ

通称、赤ちゃんニキビと言われる「乳児湿疹」がもっとも多く、生後3週間頃から1ヶ月検診ごろがピークで長引く赤ちゃんは2ヶ月ぐらいまで続く子もいます。これは病気ではなく、昔の人は「胎毒」と言ってママの身体の余分なものを赤ちゃんが出してくれていると言われたものです。

妊娠前の母親学級や病院での沐浴指導は「赤ちゃんのお顔は濡れたガーゼで拭くだけ」と指導されている所が多いですが、皮脂の分泌も盛んで汚れやすいので是非、石鹸で顔を洗うようにしてください。
 

赤ちゃんの顔は泡立てた石鹸で洗う

石鹸をガーゼにつけて優しく洗います

よく泡立てた石鹸をガーゼにつけて、優しく洗う

石鹸の種類は赤ちゃん用の固形石鹸(出来れば弱酸性がベスト)を泡立ちネットでよく泡立て、手を使いごしごし洗います。弱酸性の泡で出るポンプタイプのものでもOKです。これが最新式の「泡ごしスキンケア」のやり方です。泡をそおっと塗るだけでは湿疹はよくなりませんので、指の平を使いごしごし洗うか、柔らいガーゼで優しく洗います。 ひどい場合は一日2回洗ってもよいでしょう。

ガーゼやタオルなどで強く洗いすぎると、皮膚への刺激が強くなる場合があるので気をつけましょう。

泡ごしスキンケアの方法は、以下の手順でやってみましょう。

  1. お湯で十分に洗う場所を濡らす
  2. 十分に泡立てた厚みのある泡を作る
  3. 皮膚に泡を十分につけ、手の腹で洗う
  4. 洗う順番は、体→お尻→頭→顔
  5. シャワーで十分に泡を洗い流し、ベビーバスで温める

更新日:2014年09月21日

(公開日:2010年08月16日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    27

    この記事を共有する