学費・教育費/学費・教育費関連情報

返さなくてもいい奨学金で高校・大学に進学

「奨学金は卒業後長期にわたって返済するもの」と思っていませんか。支給条件は厳しいけれど給付される奨学金がたくさんあるのです。急いで申請しましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
返さなくてもいい奨学金
支給条件は厳しいけれど給付される奨学金もたくさんあるのです。
教育費の負担にアップアップの家庭が増えています。そこで「返さなくてもいい!」という奨学金を捜しました。これが結構ありました。受給条件はかなり厳しいですが……。

交通遺児に対して

「ハイウェイ交流センター修学資金」なるものがあります。これは(財)ハイウェイ交流センターが給付するもので、「日本道路公団が管理する道路において交通事故により死亡された方の遺児(=高等学校、高等専門学校以下・盲学校などの高等部および専修学校の高等家庭に在学中の遺児)に対し給付」され、修学資金として年額282,000円、卒業祝い金として10万円が支給されます。

交通遺児の奨学金としては「交通遺児育英奨学金」(財団法人交通遺児育英会)が知られていますが、これは無利子ですが卒業後返済しなければならない奨学金です。

横浜市高等学校奨学金制度

保護者の住所が横浜市にある高校生(学校は市外・県外でも可)に月12,000円(年額144,000円)が支給されます。募集人数は150人程度とかなり大規模です。これ以外にも横浜市教育委員会を通じて応募できる(財)神奈川新聞厚生文化事業団や(財)岩崎与四郎育英会があります。資格や給付内容は横浜市高等学校奨学金制度と同じです。

私立高校授業料減免制度

大阪府は私立高等学校に通う人に対して授業料全額免除・半額免除・軽減助成金などを準備しています。同じような授業料減免制度は横浜市や東京都にもあります。

岩国育英財団

岩国育英財団とは「(株)セブン-イレブン・ジャパン顧問の岩國修一本財団理事長(68歳)が、個人資産(現金5億5百万円、同社の株式約16億6千万円相当分)を拠出した財団です。本財団の目的は、学資の支弁が困難と認められ、かつ、意欲と能力に優れた、大学または大学院の学生に対して奨学援助を行い、もって、社会有為の人物の育成に寄与することにあります。」(岩国育英財団ホームページより)

2005年4月頃から2006年4月に指定大学に進学する奨学生を募集開始します。給付内容は「大学合格時点で入学一時金=30万円、給付金=月10万円」。

他の奨学金との併給も可能です。自由に応募できますので条件等を早めにチェックしましょう。

損保ジャパンCSOラーニング制度

これはちょっと変った奨学金です。CSO(市民社会組織)が指定する活動先で活動した大学生に対して時給900円(上限300時間=27万円)を支給するというものです。支給するのは(財)損保ジャパン環境財団、活動先は関東、関西以外にも広範囲で多彩なプログラムが準備されています。8月ごろ募集するようです。オンラインでの申し込みも可能です。こまめにネットでチェックしましょう。

更新日:2005年03月23日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    9

    この記事を共有する