貯蓄/これがキホン!お金の貯め方

あっという間に100万円! 財形貯蓄って何?

お金を貯めたくても、時間がなくてなかなか……という人は、お勤め先に「財形貯蓄制度」があるかを調べてみてください。既に始めている人も、財形貯蓄には、どんなメリットがあるのか、おさらいしてみましょう。

この記事の担当ガイド

へそくりから保険、運用まで最得ルートをアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

財形貯蓄制度とは?

財形の活用法

財形の活用法

「財形」(ざいけい)という制度があることは知っていても、自分が利用できるのかわからないし、どれくらいお得なの?と思っている人も多いですね。

まず、「財形」とは勤労者財産形成貯蓄制度のこと。働く人のお勤め先が、金融機関と提携して、給料やボーナスから天引きでお金を貯める制度です。会社員や、公務員、勤務先が認めれば、契約社員、パートでも利用出来ます。

残念ながら、会社役員や自営業者は対象外。「会社員」でも勤め先が制度を導入していなければ利用出来ません。

では、どうしてみんな「財形」をやるのでしょう?

財形は3種類ある

「財形」は、働いている人が安心して暮らせるように、次の3つお金を貯める事を目的に作られました。

■住宅(マイホーム購入)
■年金(老後資金)
■一般(その他、教育費など)


それぞれ、「財形住宅貯蓄」「財形年金貯蓄」「一般財形貯蓄」という名前で、財形は3種類あるわけです。では、いわゆる銀行などでする預貯金とはどう違うのでしょう?

財形は非課税メリットがある!

お金を貯めるなら、銀行の預貯金でもいいはず。でも、財形という制度があるのは、働いている人にメリットがあるからです。

■550万円まで非課税
ふつうの預貯金だと利息の20%※が課税されて、引かれてしまいます。ところが、住宅財形と、年金財形は、合算して元利合計550万円までが非課税!利息がそのまま手元に残ります。

■保険でも非課税
財形は預貯金だけでなく、保険でもお金を貯めることができます。この「保険型」は、住宅財形が払込保険料累計550万円までが非課税。年金財形は、払込保険料385万円までが非課税です。

■一般財形は?
一般財形は、貯めたお金の使い道に制限がないので、旅行やマイカー購入、結婚式などにも使えます。そのかわり、ふつうの預貯金と同じように利息は課税され、非課税ではありません。

それでは、「一般財形」と預貯金の違いは何でしょうか?

住宅購入したい人にはメリットがあります

財形のもう1つのメリットは、財形融資制度があることです。一般、住宅、年金いずれかの財形貯蓄をしていれば、融資制度を利用する事ができます。

■財形住宅融資
財形貯蓄を1年以上していて、残高が50万円以上ある人が、残高の10倍(最高4000万円)まで、住宅取得に必要なお金の80%まで借りる事ができます。

5年毎に金利が見直される固定型で、2014年4月1日からの金利は1.04%です。(当初5年固定)

どうやって申し込むの?100万円貯めるには?会社をやめたらどうなる?ホントに財形がいいの?次のページでは、そんな疑問にお答えします。

※特別復興所得税は考慮せず

更新日:2014年05月15日

(公開日:2009年03月12日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    15

    この記事を共有する