預金・貯金/定期預金・ネット定期の活用術

定期預金とは?定期預金の基本と落とし穴!

普通預金にお金が貯まった、ボーナスが出た……こんな時、元本保証だし、普通預金より利息はいいし、「とりあえず定期預金」を今まで繰り返してきた人も多いでしょう。中には、社会人になってからずっと低金利で「定期預金」を知らないという人も多いので、ここで定期預金のキホンと落とし穴について紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普通預金の残高が増えてきたら定期預金の活用を

上手に使いたい定期預金

上手に使いたい定期預金

普通預金の残高が増えてきたら、どうしますか? 最近は、普通預金の金利が都市銀行で0.02%、預け入れ期間1年の定期預金で0.025%ですから預け替えないという人も多いようです。

でも、定期預金に預け替えれば、普通預金と分けられるので生活口座と貯める口座を分けることができて、しっかりお金が貯まります。総合口座の定期預金なら、普通預金口座が残高不足でも貸し付けてくれるので、クレジットカード等の支払いがある時も安心です。

元本保証ですし、普通預金より利息はいいし、「とりあえず定期預金」を今まで繰り返してきた人も多いでしょう。中には、社会人になってからずっと低金利で「定期預金」を知らないという人も多いので、ここで定期預金についておさらいしてみましょう。

定期預金の仕組み

定期預金とは、預けてから一定期間は引き出せない預金で、満期日まで原則として引出しが出来ないため、流動性が制限される一方、普通預金と比べると金利は高くなっています。

■預け入れ期間
定期預金の預入れ期間は最短で1ヶ月。他には、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、最長10年まで扱う銀行もあります。また、自分で満期日を指定することも出来ます。

■金利
定期預金の預け入れ期間と額が変わると、金利も変わります。一般的に、期間が長くなると金利も高くなります。また預け入れ金額が300万円、1000万円を超えると大口定期となり、高い金利が設定されます。また最初に預けた時の金利が、満期まで続く固定金利と、6カ月ごとに金利を見直す変動金利があります。

■利息
すこし話が複雑になりますが、利息の付き方も預け入れ期間によってかわります。1ヶ月以上3年未満は、預けたお金(元本)にだけ利息がつく単利型。3年以上は、元本と利息に更に利息が付く半年複利型があります。

<関連記事>
貯めたい人は知っておきたい定期預金の基本
選べる!ネット定期預金比較

次のページでは、気になる!定期預金の落とし穴……>>>

更新日:2014年03月01日

(公開日:2007年05月31日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    5

    この記事を共有する