遠藤 友香

レディースファッション ガイド 遠藤 友香

えんどう ゆか

ファッションディレクター。ミラノにてファッションスタイリング修士課程修了。海外取材や留学経験を通し培われたグローバルな視点で、最新ファッショントレンドを分析・発信。エッジィでフェミニンなスタイリングから、リアルクローズの提案、注目ニュース、そしてお手入れ方法まで、幅広いファッション領域に定評がある。

ガイドからの挨拶

「レディースファッション」「レディースバッグ・鞄」「レディースシューズ・ブーツ」「サンダル」「ジュエリー」 「アクセサリー」以上6サイトのガイドを務める、ファッションディレクターの遠藤 友香(えんどう ゆか)です。

ファッションの世界に入ってから、かれこれ20年程経ちますが、ファッションを知れば知るほど、その世界の奥深さに、どんどん魅せられ続けている毎日です。ファッションは時代や流行、社会、芸術、歴史などの様々な影響を受けながら、個人の生活や趣味とも関わり合い、絶えず変貌を遂げる性質を持っています。そんなファッションを楽しむためには、「ファッション=流行」といった意味が表すように、やっぱりトレンドには多少なりとも敏感になっておきたいもの。もちろん、トレンドに踊らされることなく、自身の感性に合ったものをセレクトして、楽んでいただければ幸いです。

また、トレンドを押さえつつ、自身の軸となるスタイル作りにおいて、重要な位置を占めているのがファッション小物。お手持ちの洋服に合わせるバッグやシューズを変更するだけでも、コーディネートそのものの印象が180℃変化します。また、実用的な面から言っても、ファッション小物は必要不可欠なアイテムです。

最新トレンド分析から、着回し術、ライフスタイル別コーディネートの提案、セレブの着こなし解説、バッグ、靴といったアイテム選びのコツ、お手入れ方法まで、痒い所に手が届く記事をお届けします。大人の女性に楽しんで頂ける情報を発信したいと思います。末永く宜しくお願いいたします。

経歴・バックグラウンド

幼い頃から洋服のデザインやスタイリングに興味を持ち、小学生の頃の将来の夢は「スタイリスト」。その後、英語を通じて世界が広がり、グローバルな事柄や異文化コミュニケーションに関心を示すように。大学では英文学を専攻。在学中、スタイリングの専門学校に通い、ダブルスクール。大学卒業後、アシスタントを経て、スタイリストとして独立。雑誌・TV・広告・カタログ・東京コレクション・大手ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)で活動後、モードの世界をより深く追求したいと思い、2003年ロンドン、2004-2005年ミラノに留学。Istituto Marangoniミラノ校にて Fashion Styling修士課程修了。留学中ミラノコレクションに参加。帰国後、大手広告制作会社にて、ファッションディレクターを務める。現在、All Aboutにて、レディースファッションサイトなど、6サイトを担当。また、ファッションディレクターとして、女性ファッション誌、広告、カタログ、Web、スマホサイト等で日々邁進中。「Twitter」 しています。  

最近の主な仕事:フジテレビ「直撃LIVE グッティ!」コメント。「J-WAVE」出演。「BAY FM」出演。観光庁「ビジットジャパンキャンペーン」中国人向けサイト執筆。書籍「結び方・しばり方の早引き便利帳2」監修。「銀座三越」ジュエリーバザール監修。「素肌カレンダー」コメント。「maico」執筆。「R25」解説。NTTドコモ「スゴ得コンテンツ」執筆。「マイナビウーマン」監修。「Sparkle Box」スタイリングコメント。「シティリビング」解説。「リビング新聞」解説。「ケイコとマナブ」コメント。明治「VAAMグミ」ファッションコラム監修・執筆。京王プラザホテル会報誌「PlazaSmile」対談。ヒコ・みづのジュエリーカレッジセミナー。NTTドコモ「iコンシェル」記事執筆。「クロワッサンプレミアム」解説。ユニリーバ「with U」監修・執筆。「CBC テレビ」協力。「装苑」協力。「女性セブン」解説。サロン向け情報誌「barrette」インタビュー。「Yahoo!」執筆。リクルート「Hot Pepper」ファッションディレクション、スタイリング。「@type」執筆。「@ぴあ」執筆。「FREEMODE」エディター。「名鉄百貨店」執筆。「デザインフィル」スタイリング。「コンプレックスビズ」スタイリング。「CHEEK」スタイリング。ウィーンファッション取材他。

経営・所属している企業・団体・協会