薬剤師 / 妊活サポート ガイド 住吉 忍

すみよし しのぶ

不妊治療、妊活期間の心身の不調を漢方薬でサポートする薬剤師

大阪薬科大(現大阪医科薬科)卒業、薬剤師・国際中医専門員。相談薬局で生まれ育ち、調剤薬局、漢方薬局勤務を経て、薬店を開業。複数の不妊治療専門クリニックの漢方外来を担当し、西洋医学の不妊治療に適した漢方処方の提案を得意として、女性の妊活サポートに取り組む。

得意分野

漢方 不妊 薬

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数18

ガイドからの挨拶

みなさま、こんにちは。妊活、不妊治療期間は苦しいもの……。そんなイメージをお持ちではないでしょうか? また、妊活を始めるに当たって、体の不調が沢山ある場合には、不安になってしまうこともあると思います。

中医学では妊娠するために必要な体作りは、ホルモンのバランスが整うことや、体の気力や、血、潤いが養われていることが大切だと考えます。そのために必要なことは、ご自身の不調や不安を取り除き、心身を心地よい状態に保っていただくことです。

日々、不妊治療専門クリニックで、「赤ちゃんが欲しい」と妊娠を望んでいる患者さんのご相談をお受けしています。望んでいるのになかなか授かることができない苦しさをゼロにすることは、とても難しいことではありますが、妊活を頑張る女性の体の不調を取り除くための専門家としてのアドバイスと、不安や苦しさに対しては、お気持ちに寄り添っていけるような相談を心掛けています。

ガイドとしても、妊活に必要な事項を的確にお伝えしていきたいと思っています。

ガイドの新着記事

  • 40代と50代の体はどう違う?健康的な生活習慣のポイント

    40代と50代の体はどう違う?健康的な生活習慣のポイント

    【漢方薬剤師が解説】40代までと異なり、50代に入ると女性の体は大きく変わります。白髪が増えたり、疲れやすくなったりする他、高血圧・動脈硬化・心疾患などのリスクが高まるなど、ホルモンや自律神経の不調と体力的な変化が顕著に現れる時期です。この時期を上手に乗り切る方法をご紹介します。

    掲載日:2019年10月01日不妊症
  • アラフォーの不調に!中医学的におすすめな生活習慣のコツ

    アラフォーの不調に!中医学的におすすめな生活習慣のコツ

    【漢方薬剤師が解説】アラフォーになると年齢による体力の低下や、容姿の変化を感じ始める方が増えてきます。中医学では、加齢に伴う変化を「腎虚(じんきょ)」、ホルモンバランスの崩れなどを「肝の不調」と考えます。「腎」「肝」の働きをよくして整えるために、簡単にできる生活習慣のコツをご紹介します。

    掲載日:2019年09月25日