薬剤師 / 妊活サポート ガイド 住吉 忍

すみよし しのぶ

不妊治療、妊活期間の心身の不調を漢方薬でサポートする薬剤師

大阪薬科大(現大阪医科薬科)卒業、薬剤師・国際中医専門員。相談薬局で生まれ育ち、調剤薬局、漢方薬局勤務を経て、薬店を開業。複数の不妊治療専門クリニックの漢方外来を担当し、西洋医学の不妊治療に適した漢方処方の提案を得意として、女性の妊活サポートに取り組む。

得意分野

漢方 不妊 薬

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数8

ガイドからの挨拶

みなさま、こんにちは。妊活、不妊治療期間は苦しいもの……。そんなイメージをお持ちではないでしょうか? また、妊活を始めるに当たって、体の不調が沢山ある場合には、不安になってしまうこともあると思います。

中医学では妊娠するために必要な体作りは、ホルモンのバランスが整うことや、体の気力や、血、潤いが養われていることが大切だと考えます。そのために必要なことは、ご自身の不調や不安を取り除き、心身を心地よい状態に保っていただくことです。

日々、不妊治療専門クリニックで、「赤ちゃんが欲しい」と妊娠を望んでいる患者さんのご相談をお受けしています。望んでいるのになかなか授かることができない苦しさをゼロにすることは、とても難しいことではありますが、妊活を頑張る女性の体の不調を取り除くための専門家としてのアドバイスと、不安や苦しさに対しては、お気持ちに寄り添っていけるような相談を心掛けています。

ガイドとしても、妊活に必要な事項を的確にお伝えしていきたいと思っています。

ガイドの新着記事

  • 二人目不妊への漢方の効果…それぞれの悩みと体験談

    二人目不妊への漢方の効果…それぞれの悩みと体験談

    【不妊クリニック・漢方外来薬剤師が解説】漢方外来には「二人目不妊」で悩まれている方も多くいらっしゃいます。二人目を妊娠したいが、一人目出産後に月経が再開しない、セックスレス状態になってしまった、加齢により卵巣機能が低下したなど、原因は様々です。二人目不妊特有のそれぞれの悩みに応じて、漢方を処方することがあります。実際の二人目不妊の事例をもとに、漢方薬の処方例と妊娠までの期間についてご紹介します。

    掲載日:2018年12月12日不妊症
  • 不妊治療が辛いときは「休む」ことも選択肢に

    不妊治療が辛いときは「休む」ことも選択肢に

    【妊活サポート薬剤師が解説】不妊治療を続けていると、どうしても精神的に辛く苦しく感じる時があります。そんなときは辛さを否定せず、自分の苦しさをまず受け入れて吐き出し、苦しさを客観視してみることが大切です。それでもどうしても苦しいときは、治療をお休みすることも選択肢のひとつです。

    掲載日:2018年10月26日不妊症