正看護師FP / がんとお金 ガイド 黒田 ちはる

くろだ ちはる

看護師経験を持つがん専門の家計アドバイザー

10年間の看護師経験とFP1級・CFPの資格を活かしてがん患者さん・ご家族の心身の負担軽減や、治療生活の選択肢の幅が広がるよう、経済面の悩みに対するアドバイスを提供しています。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数6

ガイドからの挨拶

10年間看護師として患者さんやご家族のケアに携わる中で、病気やケガにより、収入・支出のバランスが崩れ、お金の問題が浮き彫りになるケースをたくさんみてきました。

健康保険や年金制度などの公的な制度では解決が難しいケースもありますが、医療機関では個人資産や収入・支出といった内容に関して相談対応していません。患者さんや家族の方は心身辛い状況で個々に対応しており、大きな負担がかかっていると感じました。

そこで医療知識・経験を持つものが、患者さんやご家族に対し治療生活に必要なお金の情報を提供できることが、これからの時代必要になってくるのではないかと考え、看護師FPとしての活動を始めました。

病気の中でも、がんに特化している理由は、治療法の進歩により社会生活を送りながら治療を行うことが可能となっている一方で、治療期間は長期にわたることも多く、生活設計の必要性を実感したためです。見通しのつきにくいがんという病気だからこそ、制度やお金について専門的に介入していく必要性を感じました。

目標は全国の病院にFPの家計相談窓口をつくり、患者さん・ご家族が治療の場で気軽に家計の相談ができるようになることです。お金に関する困りごとが解決することで、心身への負担が軽減できることを願っております。

1人でも多くの患者さん・家族の家計面の悩みを看護師FPとして支えていきたいと思います。

ガイドの新着記事

  • 60代がん治療中…リバースモーゲージ型住宅ローンとは

    60代がん治療中…リバースモーゲージ型住宅ローンとは

    【看護師FPが解説】現役世代からの収支のバランスが変わるとともに、体調の変化も出てくる60代。医療・介護の費用捻出と住宅ローン返済に悩んでいる方も多く、長期的な治療を受けているがん患者さんも例外ではありません。解決方法の一つであるリバースモーゲージ型住宅ローンのがん治療生活中の活かし方を、リバースモーゲージとの違いを中心に解説します。

    掲載日:2017年10月23日癌(がん)
  • がん治療費の自己負担額に差がある理由…実例で検証

    がん治療費の自己負担額に差がある理由…実例で検証

    【看護師FPが解説】同じがん治療を受けても「こんなにかかるとは思わなかった」「思ったよりもかからなかった」と分かれるがん治療費の自己負担額。同じ標準治療を選んでも、加入している健康保険や治療関連費によって費用は大きく変わります。高額な先進医療や自由診療で非常に高額な治療費を請求されるケースも。がん患者専門の家計相談対応している看護師FPとして、実例を基にがん治療費対策の考え方をお伝えします。

    掲載日:2017年08月08日癌(がん)