深野 康彦

投資信託 ガイド 深野 康彦

ふかの やすひこ

生活者の家計と人生に寄り添う、お金相談のエキスパート!

業界歴30年以上となり、FPのなかでもベテランの域に。さまざまなメディアを通じて、家計管理の重要性や投資の啓蒙など、お金周り全般に関する情報を発信しています。

好評連載『マネープランクリニック』にて、ユーザーからの相談に長続きできる無理のない家計管理法をアドバイスしています。

ガイドからの挨拶

皆さんこんにちは。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦です。

万人に共通の正解となるライフプランは残念ながら存在しません。1人1人が自分の生活をしっかり見つめて、ライフデザインを確立していくことが、これからの資産運用(家計管理)の第一歩となることでしょう。

「日本人は人と同じことをやっていると安心」と言われていますが、安心と自分自身(=わが家)にとって、ベストなプランは別問題だということを認識しなければなりません。横並び意識は捨てて、家計の独立を考えていくことが大切になるのです。

そのためのお手伝いをするべく、家計管理から資産運用、税金から年金、果てはマクロ経済からミクロ経済まで、私たちにかかわりのあるお金周り全般について、皆さんに有益な情報をわかりやすい言葉で、かつタイムリーにお届けできるように頑張っております。

お金について具体的な悩みをお持ちの方、将来への漠然とした不安をお持ちの方は、まずは『マネープランクリニック』をご覧になってみてください。相談者がいかにストレスなく、気持ちよくお金とつきあっていけるかを念頭に、実現可能で無理のない家計管理方法、人生のヒントを提案しています。様々な家計のケースを参考に、ご自身のライフプランについて考えてみるきっかけにしていただければ幸いです。

経歴・バックグラウンド

大学卒業後、クレジット会社勤務を経て平成元(1989)年にFP業界に入る。金融資産運用設計を中心に研鑽し、平成8(1996)年に独立。現在の「有限会社ファイナンシャルリサーチ」は2社目の企業。

■主な著書
「これから生きて行くために必要なお金の話を一緒にしよう!」(ダイヤモンド社)
「55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣」(明日香出版)
「図解 金融機関にすすめられた商品の中身がわかる本」(講談社)等

■連載
日本経済新聞「プロが答えます」「投信番付」、東京スポーツ、株式新聞、各種メルマガ等

■テレビ&ラジオ出演
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京、日経CNBC、BSTV東京、BSTBS等
ラジオNIKKEIでは、「ファイナンシャルBOX」「深野康彦のマネーマガジン」のパーソナリティも行っていた。
現在は日経CNBC「夜エクスプレス」水曜日アンカー担当。

■取材先
新聞(専門紙、一般紙)、経済誌、週刊誌、マネー誌等

■講演先
金融庁、地方自治体、消費者生活センター、商工会議所、金融機関、日本FP協会等

資格

AFP(日本FP協会)、1992年2月、CFP資格・金融資産運用設計、リスクと保険、ライフプランニングの3科目合格、1級ファイナンシャルプランニング技能士(2008年3月)

経営・所属している企業・団体・協会

有限会社 ファイナンシャルリサーチ

趣味・特技

好奇心旺盛で何にでも興味を示す性格です。歳を重ねる毎に人の役に立ちたい、社会に貢献したいなどの気持ちが強くなり、月1回以上の献血がマイブーム。また、癒やしを求めて神社仏閣巡りに目覚め、御朱印帳も購入。

好きなことば・座右の銘

高校のクラブの先生から送られた言葉は「七転び八起き」でした。自分に言い聞かせているのは「大器晩成」と「人生楽ありゃ苦もあるさ」という水戸黄門の主題歌のフレーズです。