海外でのカード払いは慎重に!

海外旅行でカードを使っていい?
海外旅行でカードを使うときにはご注意を!
クレジットカードの普及で、海外旅行はずいぶんとラクになりました。わざわざ大金を持参しなくても買い物や食事が自在に楽しめるため、「ついつい財布のひもが緩んでしまう」という人も多いのではないでしょうか。

しかしその一方で、スキミングなどの被害にあう人も増えてきています。被害を防ぐために大切なことは、まず、「この店なら信用できる」と確信が持てる店でのみクレジットカードを使うこと。怪しい空気を感じたり、少しでも「もしかしたら……」と不安を抱くようなことがあったら、カード払いはあきらめて、必ず現金で支払うようにしましょう。消極的な方法に思えるかもしれませんが、慣れない旅先で自分の身を守るためには、少し慎重すぎるくらいがちょうどいいのです。

さらにクレジットカードで支払った場合には、利用控えを必ず持ち帰って保管することも重要です。明細が届いたら面倒がらずに一件一件照らし合わせて、不正利用がないかどうかをどうかしっかりとチェックしましょう。

チップの払いすぎに注意!

意外に知られていないことですが、レストランでのチップもクレジットカードで支払うことができます。
食べ終わった後にウエイターが持ってくるクレジットカードの明細を見ると、一番下に「Tip」または「Gratitude(心づけ・謝意の意味)」と書かれている欄があります。ここに、自分が払いたいチップの金額(国や店によって異なりますが、一般的には10~20%程度)を記入し、さらに「TOTAL」と書かれている欄に合計金額を記入する、という仕組みです。

このときにありがちなのが、「チップを払いすぎてしまう」という失敗です。実は、観光地のレストランの中には、あらかじめ「Tip」「Gratitude」の欄に15~20%程度の金額を記入している店が多いのです。にもかかわらず、さらにチップの金額を記入してしまったり、現金でテーブルの上に置いてくる日本人観光客は多いのです。
かくいう私も、チップを二重に支払ってしまった苦い経験があります。日本人にとっては、なかなかなじめない習慣ですね。