三井住友カードとは電子マネーなどで連携を深める!

その結果、09年4月には、信販、流通のノウハウをもった全く新しいカード会社が誕生します。メガバンクの傘下にある強みを生かしてキャッシュカード一体型のクレジットカードを発行したり、ポイントの相互交換も活発に行えるようになるでしょう。また、三井住友カードの扱っている電子マネーを新会社でも扱うようになるといわれます。iDをはじめ、スイカ、パスモ、ピタパなどの発行枚数が増大すると期待されます。

いずれにしろ、これで三大メガバンクがそれぞれのクレジットカード戦略を明確にしたわけで、これから急拡大が予想されるクレジットカード市場を巡って本格的な戦いが始まることになります。

まだまだ伸びるクレジットカード市場!

ちなみに2011年度の三井住友カードと合併会社合算のショッピング取扱高は12兆円を見込んでいます。これは今年度予想の7割増という大きなものです。シンクタンクからは5割増という予測がでており、少し頑張って7割を超えるという数字をだしたと担当者は語っていました。それくらい増えても不思議ではないでしょう。公金解禁などでクレジットカードはますます使われるようになるからです。この成長を睨んで三大メガバンクは必死に体制を整えようとしているのです。


【関連リンク】
三井住友フィナンシャルグループ「三社合併について」

投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。