支払いの「延滞」を繰り返していると利用履歴に傷がつきます

undefined

 

クレジットカードの代金を指定日(引き落とし日)に払わなくても何とかなると考えている人はまだ多いようです。しかし、これは危ない考え方です。延滞を繰り返していると、クレジットカードの利用履歴が悪くなって、あなたはもうカードの利用ができなくなるかもしれません。


カード会社の対応は延滞3ヶ月以上で信用情報に登録!

指定日に引き落としができないとカード会社は何をするでしょうか。まず、手紙でその旨を通知します。それでも払わないとなると、コールセンターから電話がかかってきます。それでも無視していると、督促の手紙が来て、カードの利用が停止になったりします。それでも払わないと、全額支払うまで、カード会社から督促が来ます。さらに、延滞状態が3カ月以上続いてしまうと、その情報は個人信用情報センターに事故情報として登録されます。ここに事故として登録された情報は、記録として5年間残ってしまいます。これがいわゆるブラックリストです。

【ブラックリスト、信用記録の見方はコチラへ】
クレジットヒストリーはここをみられる!

ブラックリストに載るとカードを作れない、ローンも組めなくなる

個人信用情報センターにブラックリストとして登録されると新しいカードを作ったりローンを組んだりができなくなります。というのも、新しくカードを作ったり、ローンを組もうとするときにはカード会社は、みな個人信用情報センターに照会するからです。そのため、入会審査の段階で、事故の記録があった場合、審査にはまず通りません。記録が消えるまで5年間、新しいカードを作ることやローンを組むことを我慢しないといけません。

また、個人信用情報センターには、2年間の利用履歴が載っています。これをみて、カード会社は毎月の支払い状況を確認しています。例えば、1カ月以上の延滞の記録が何回もあったり、自己破産の記録があったりすると、その人の信用は大きく失墜してしまいます。入会申し込み書の情報では十分にハードルをクリアした人でも、悪い履歴のせいでカード発行を断られることもあります。更新の場合には、即座に拒否される可能性も出てきます。

引っ越しをしたら住所変更をして、延滞を防ごう!

入金し忘れて残高が足りないというのが「延滞」の主な原因ですが、意外に知られていないのが引っ越しに伴う払い忘れです。たいていの場合、引っ越しをしたのに電話番号や住所の変更をしていないので、カード会社からの明細書が届かず、結果的に延滞になるケースです。もちろん、長期間経過してしまうと督促に発展してしまう危険性があります。こうしたトラブルを避けるためにも、引っ越しを決めた時には、まず、手持ちのカードをすべて点検して、必要なカードには変更手続きを、不要なカードは解約しましょう。また、更新の前などに不要になったカードはないか見直しをして、整理をする習慣をつけるのもよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。