ひとつの買い物で複数のポイントが貯まる「重ね取り」!

これまで、ポイントを効率よく獲得する手段として、そのポイントをマイルに換えたり、高い還元率の別のポイントと交換したりする、いわゆる「ポイント交換」が主流とされてきました。ところが、クレジットカード会社のポイント見直しの余波によって、最近は一カ所でポイントやマイルをダブル、トリプルで獲得する「重ね取り」が注目を集めるようになっています。これは何かを買おうとするときに、ポイントカードやクレジットカード、それに電子マネーを関連させて使い、それぞれにポイントやマイルを貯めて、あとで、それらを合算することで大きな還元率を得ようという方法です。なかでも、支払いの時に電子マネーを絡ませることで、ポイントの三重取りが可能になるケースがあり、このテクニックが多くのユーザーの間で人気を呼んでいるのです。

ファミリーマートではTポイントの三重取りが可能!

例えば、近くのファミリーマートでTポイントを貯める時にこの技が活用できます。まず、おサイフケータイで「Edydeポイント」というサービスを使います。対象となるのは、ANA、Tポイント、楽天、ヤマダ電機などですが、ファミリーマートで利用できるTポイントを登録しておくと、全国どこでEdyを使って200円につき1ポイントが付与されます。さらにファミリーマートでは、Tカードを提示することで、Tポイントが100円で1ポイント貯まります。そのうえレシートで1ポイント付与されますから、1000円使った場合は、合計16ポイントも貯まる計算です。

コナカでは、コナカ、ビューなどすべてのポイントをスイカ・チャージでまとめる!

次に、紳士服のコナカで2万円のジャケットを買う場合も使えます。通常はコナカメンバーズカードを提示して現金を支払って終わりですが、ヘビーユーザーは次のように買い物をします(ただし、スイカ機能付きのビューカードが必要です)。
1.まず手持ちのビューカードで電子マネーのスイカに2万円をチャージする。すると、ビューサンクスポイントが120ポイント貯まる。
2.次に、コナカに行って2万円のジャケットをスイカで購入。すると、スイカポイントが200ポイント貯まる。
3.もちろん、このとき、コナカメンバーズカードを同時に提示する。2万円の買い物では、コナカポイントは600ポイント貯まる。

2万円使って800円のバックは4%の還元率!

以上で、ポイントの三重取りが完成しますが、おもしろいのはコナカポイントはスイカポイント(交換レートは50%)に。スイカポイントはビューサンクスポイント(交換レートは40%)に交換できる点です。つまり、2.と3.でスイカポイントは500ポイントとなり、さらに、これはビューサンクスポイントの200ポイントぶんに交換できます。つまり、2万円の買い物で最終的にビューサンクスポイントが320ポイント(実質800円ぶん)貯まったことになるのです。2万円で800円ですから、還元率にすると4%。これはかなりのものといっていいでしょう。