遊園地・テーマパークをより楽しめる五箇条

「よし明日遊園地に行こう!」と思い立って、とにかく行って、とにかく遊ぶ……これも遊園地を楽しむ大事なひとつの方法です。しかし、どうせ出かけるなら、もっともっと遊園地・テーマパークを楽しまないとソン。そこで、これだけは押さえておきたい「楽しむための五箇条」をチェックしてみましょう。

【其ノ一】事前にオフィシャルサイトをチェック

富士急ハイランドの花火
花火などのイベントを要チェック
遊園地・テーマパークのオフィシャルサイトは、事前情報のチェックには欠かせません。とは言っても、意外とわかりにくサイトもあるので、要チェックポイントをいくつか。

まずは「今やっているイベント」をチェック。遊園地では、春の桜、夏のプール・花火・お化け屋敷、秋のハロウィン・紅葉、冬のクリスマス・イルミネーション・カウントダウン・バレンタインと、1年中イベントが目白押しです。今だけのイベントに参加すれば、より楽しめること間違いなし。

次に「交通アクセス」。電車・バス、マイカーなどでのパークへの行き方を、もっとも詳しく示しているのがオフィシャルサイトです。しっかりプリントアウトして、細かいところまで見ておきましょう。

そして、忘れてはいけないのが「割引クーポン券」です。オフィシャルサイトには「プリントアウトして持参」するだけで入園料が割引になるクーポンなどがけっこうあるんですよ。また、ファミリー向けのチケットや夕方からのナイトパスポートなど「お得なチケット」情報も見逃せません。

さらに、東京ディズニーリゾートのファストパス、USJのユニバーサル・エクスプレス・パス、富士急ハイランドの絶叫優先券など「並ばすに乗れる」系のチケットや、東京ドームシティの携帯で予約できる観覧車など、知っておくと便利な情報もオフィシャルサイトには満載です。

【其ノ二】アトラクションをチェックして逆から攻める

よこはまコスモワールドの観覧車
よこはまコスモワールドの大観覧車「コスモクロック21」
やっぱりメインはアトラクションでしょう。これについては、個人個人で「自分の好み」があるはずです。もちろん、そのパークの人気アトラクションが何なのかもチェックしておきたいところですが、例えば「観覧車」とか「メリーゴーラウンド」とか「ウォーターライド」とか、自分が好きなタイプのアトラクションについて「何があるか?」「パークのどのあたりにあるのか?」をまず確認しましょう。そして、好きなものから優先的に乗っていけば、結果的に1日の満足度は上昇するはずです。

ただ「自分の好き」と「みんなの人気」がイコールになった場合は、待ち時間が長くてストレスがたまる可能性も……。これを解決するには「人の流れの逆を行く」という方法があります。流れの逆を行くとは、みんながパークを時計回りに歩いている感じだったら反時計回りに進むとか、パンフレットの園内マップに付いている「アトラクション番号」の数の多いほうから攻めてみるとか。つまり、1番から順に行くのが普通の人間の心理なので、その逆を行くということです。それと、よく言われることですが「開園時間と同時に入園する」は並ばないための第一歩です。