全国の動物園より届けられた、2008年前半に生まれた動物の赤ちゃんたちの写真。アイウエオ順の図鑑スタイルでお届けした「全国動物の赤ちゃん大図鑑(ア行~タ行)」に続いて、今度はナ行~ワ行の動物たちのベストショットです。

ニホンイノシシ ~ いのしし村の「うり坊」たち

天城いのしし村のニホンイノシシ
「のっかりぃ~~」「やめろよぉ~」byうり坊
【分 類】偶蹄目イノシシ科
【出 身】天城いのしし村
     (静岡県伊豆市)
【誕生日】2008年4月6日
【名 前】まだない(性別不明4頭)
伊豆にイノシシ専門のテーマパークがあるのを知っていますか? この「天城いのしし村」で、この春、ボブ♂とミキ♀の間に「うり坊」と呼ばれるイノシシの赤ちゃんが4頭生まれました。生後3ヵ月くらいから「うり」のような模様がとれて大人になります。

ニホンザル ~ 抱っこ姿がかわいい

【分 類】霊長目オナガザル科
日本人にとっての“おサルさん”といえばニホンザル。サル山をずーっと観察していると、まるで社会の縮図を見ているようで興味深いんです。2つの動物園で生まれた赤ちゃんを紹介します。

群馬サファリパークのニホンザル
ママにしがみつきっ!
【出 身】群馬サファリパーク
     (群馬県富岡市)
【誕生日】2008年5月10日
【名 前】まだない(性別不明1頭)
マイカーやバスで園内を巡るサファリパークの中の「サルクマゾーン」にいるニホンザル。お母さんも赤ちゃんもカラダの色が白いのが特徴です。ここのニホンザルは、オスがみんな若いので、メスのミホが第1位とか。ただ、年とともに政権交代はあるかもしれません。

浜松市動物園のニホンザル
「ママのそばが大好き!」
by息子(娘?)
【出 身】浜松市動物園
     (静岡県浜松市)
【誕生日】2008年4月13日
【名 前】まだない(性別不明2頭)
浜松市動物園の“サル山ベビーラッシュ”のトップをきって生まれたのが写真の子。毎年、2頭から5頭くらいずつ、赤ちゃんが生まれているそうです。

ビーグル ~ コーギーくんとも仲良し

つくばわんわんランドのビーグル
ビーグルくん、なんか、すご~くこっち見てます……
【分 類】食肉目イヌ科
【出 身】つくばわんわんランド
     (茨城県つくば市)
【誕生日】2008年3月24日
【名 前】まだない(♂4頭)
経験豊富なビーグルママは、コーギー家からやって来た2頭のコーギーと一緒に、4頭の子どもたちをしっかり育てています。コーギーについては、第1弾「ア行~タ行」の大図鑑で。

次のページでは、赤ちゃんヒツジやヒトコブとフタコブのラクダなどが登場。