ミニラーメンでラーメン店の「はしご」を楽しもう

ラー博の醍醐味は、なんと言ってもラーメン店の「はしご」が楽しめること! 各店には4分の3サイズほどのミニラーメンメニューがいろいろとあります。2軒、3軒と食べ歩きを楽しんでみてください。
※次回の記事で「はしご」の楽しみ方を紹介します。
ラー博では2軒のラーメンを食べ歩く「はしご」を楽しんで(2015年1月撮影)

ラー博では2軒のラーメンを食べ歩く「はしご」を楽しんで(2015年1月撮影)


何度も訪れるなら3ヵ月フリーパスがお得!

ラー博の入場料は大人310円。3ヵ月以内に2回来る方は、「3ヵ月フリーパス(500円)」がお得です。3ヵ月フリーパスで3回以上入館すると、1年間入場無料になる「ラー博倶楽部」に昇格できます。

ラーメン以外も楽しめるラー博

ラー博には昭和レトロな「駄菓子屋」さんがあります(2015年1月撮影)

ラー博には昭和レトロな「駄菓子屋」さんがあります(2015年1月撮影)


ラー博はラーメンだけじゃない! 昭和レトロな街並みの中には、いろいろな発見がありますよ。

■駄菓子屋「夕焼け商店」(地下1階)
昭和の時代、どこの街にもあった「駄菓子屋さん」を再現。小銭で買える懐かしい駄菓子やおもちゃがずらりと並びます。給食で人気の揚げパンも(休日限定販売)。

■占い(地下1階)
「当たるもはっけ、当たらぬもはっけ」の占いコーナー。4人の先生が日替わりでみてくれますよ。1相談1000円~(内容により異なります)。

■喫茶&すなっく Kateko(地下1階)
ラーメンの後のコーヒー(500円)や生ビール(550円)はこちらでどうぞ。一番人気は北海道ソフトクリーム(300円)! 館内で唯一、喫煙可能なスペース(喫煙コーナーは館外にあります)です。

■夕焼けラウンジ(地下2階)※平日限定
ラーメンを食べる前におつまみを食べてお酒を楽しんだり、食後に歓談を楽しんだりすることができるスペース。ラーメン以外のサイドメニューをここで食べることができるので、各店の餃子や一品料理、おつまみを食べ比べすることができます。

■鶴亀公園(地下2階広場)
紙芝居や大道芸、昭和歌謡コンサートなど、昭和の香りがするイベントがここで行われます。

■スロットカーレーシング(1階)
昭和40~50年代に流行した、スロット(溝)のついたコースで模型自動車を走らせる「スロットカーレーシング場」があります。5分間200円で、レンタルマシンとレンタルコントローラは無料。老若男女、夢中になっています。レアなプラモデルも販売しています。

■ミュージアムショップ(1階)
ラー博限定のラーメングッズやお土産ラーメンなどを購入できるショップ。ラーメン店で使われている丼など、珍しい商品もあります。世界でひとつだけの「オリジナル生ラーメン」セットを作ることができる「マイラーメンキッチン」やラーメンに関する展示スペースも併設。
入口を入るとすぐ正面にある「ミュージアムショップ」(2015年1月撮影)

入口を入るとすぐ正面にある「ミュージアムショップ」(2015年1月撮影)


デートでもファミリーでも楽しめる、ラー博。休日は待ち時間が発生することもありますが、ラーメンを待つ間も昭和レトロな街並みを楽しんでくださいね。

■新横浜ラーメン博物館
新横浜ラーメン博物館外観(写真提供:ラー博)

新横浜ラーメン博物館外観(写真提供:ラー博)

所在地:横浜市港北区新横浜2-14-21
営業時間:月~土11:00オープン、日・祝10:30オープン ※最終入場は21:00~23:00の間で日により異なる
定休日:無休
入館料:1日入場券大人310円 小人、シニア(60歳以上)100円
※団体割引やフリーパスもあり
交通・アクセス:JR新横浜駅より徒歩5分、横浜市営地下鉄 新横浜駅8番出口より徒歩1分
TEL:045-471-0503(代表)
URL:http://www.raumen.co.jp/

【関連記事】
ラー博に福岡の行列店「元祖 名島亭」OPEN
まとめ:佐野 実氏が作ったラー博 支那そばやの絶品ラーメンを振り返る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。