※2009年2月 内容を一部更新

入場口
入場カウンター上には、本物の飛行機が!
2006年10月5日にオープンしたばかりの「キッザニア東京」へこれから行ってみようというファミリーに、事前に知っておくと便利な情報をお届けします。しっかりチェックして楽しんできてくださいね。

今回は入場後すぐと、退場前にしておきたい事を特集します!

INDEX
P1…入場したらすぐにやりたいこと!
P2…退場前にやっておきたいこと!

マジックショー、ファッションショーへの参加は人数限定の先着順!

マジックスタジオ
マジックショーの受付は「マジックスタジオ」へ。
多くのパビリオンでは順番を並んで待つのが基本です。ただし、130人程度が入る「劇場」で観客を前に大掛かりな手品を披露する「マジックショー」は1部2部ともに各1回、女の子たちが華やかなドレスでポーズを決める「ファッションショー」は、各部2回ずつだけの開催なので「早い者勝ち」、つまり先着順です。

「マジックショー」に出演したい人は「マジックスタジオ」に向かいましょう。そこでマジックを習い、練習してからの披露となります。「マジックスタジオ」は入場口から見て一番奥にあるためか、比較的参加希望者がすぐに集まりにくいようなので、希望者にはチャンスです。

劇場
「キッザニア東京」の劇場パビリオン。
「ファッションショー」は「ファッションブティック」で先着順の受付となります。ポーズやウォーキングの練習をしたら本番です。本番の様子はDVDに収めたものを無料でもらえます。これもこどものよい記念になりますね。

自由に使える携帯電話をレンタルしちゃおう!

携帯電話ショップ
携帯電話は最初にレンタルしておくと便利。
キッゾを払って利用するパビリオンのひとつに「携帯電話ショップ」があります。こちらでは普通に通話して話のできる本物の携帯電話が、8キッゾ払えば退場するまでの間レンタルでき、通話もかけ放題です。

携帯電話を持たない小学生の利用が多く、各パビリオンに分かれて体験する友人同士の連絡、またはラウンジで休みながら待つ大人への連絡手段として便利なようです。

トルカ
最初に「携帯電話ショップ」内のトルカを利用すれば、他のトルカの位置のヒントがもらえます。
また、「キッザニア東京」内に数ヶ所設置された「ToruCa(トルカ)」を探し、携帯電話をかざしてみましょう。得られる文字をつないでひとつのキーワードを作り上げるというゲームも楽しめます。

「e-KidZo」ならホルダーに入れて首から提げられる

e-Kidzo
「e-KidZo」はイエローとブルーの2色から選べます。
最初に受け取ったトラベラーズチェックは、銀行で50キッゾに換金してもらえます。が、これを持ち歩くのが面倒、または「うちの子、絶対になくしそう!」と心配なときに便利なのが、「e-KidZo」という電子マネーカードにチャージしておくという方法です。

そしてカードのままポケットへ、でもいいのですが、この「e-KidZo」を発行してくれる「クレジットカードセンター」では、ホルダーをレンタルすることもできます。首から提げるストラップ付きなので、紛失の心配もありません。お仕事を体験してもらったキッゾは「クレジットカードセンター」にもって行けば何度でもチャージが可能です。この「e-Kidzo」は、支払いの必要なパビリオンで利用することができます。なお、ホルダーは退場の際、出口で返却となります。

楽しく滞在したあとは、帰りもここをしっかりチェック!