防災用語辞典 Top>あ行

泡消火薬剤「たんぱく泡」

泡消火薬剤

[Foam compound]

泡消火薬剤とは、ガソリンなどの液体燃料による火災の消火に適した薬剤です。燃焼している液体燃料の液面を覆うことにより、空気を遮断する「窒息効果」と、泡の中に含まれる水分による「冷却効果」で消火します。

2003年十勝沖地震により、出光興産北海道製油所でナフサのタンクなどから出火しましたが、この時は「たんぱく泡消火薬剤」が使用されました。

9月26日に発生した出光興産(株)海道製油所火災PDF形式
from 消防庁特殊災害室
9月28日に発生した出光興産(株)北海道製油所火災PDF形式
from 消防庁特殊災害室

ただし、たんぱく泡消火薬剤はアルコール系の液体には効果が弱く、液面に触れると消泡してしまい、液面を泡で覆うことができません。

これは、たんぱく泡中の水分が水溶性液体の危険物に吸収され、泡膜がもろくなってしまうことが原因です。そのため、水溶性液体用泡消火薬剤が開発されています。

メタノール、アセトン、IPA(イソプロピルアルコール)、アルコール自動車燃料のガイアックス(ガソリン、アルコール、エーテルなどの混合燃料)が、これに該当します。

アルコール系火災に有効な泡消火剤

・たんぱく系耐アルコール泡消火薬剤
・合成系水溶性液体用泡消火薬剤
・たんぱく系水溶性液体用泡消火薬剤

たんぱく泡消火薬剤
薬剤の種類

・たんぱく泡消火薬剤
[Protein Foam compound]

・合成界面活性剤泡消火薬剤
[Synthetic foam concentrate]

・水性膜泡消火薬剤
[Aqueous film forming foam] [AFFF]
[Light water]






9月26日に発生した出光興産(株)北海道製油所火災PDF形式

9月28日に発生した出光興産(株)北海道製油所火災PDF形式
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行
防災用語辞典 Topあ行
 地震・自然災害・火事対策  防 災 用 語   メールマガジン


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。