携行缶について

犯人がガソリンを入れていた容器は「携行缶」と見られており、これによって、給油先も判明しました。携行缶には細かい規定がある為に、給油をすればスタンドマンの記憶には残ります。
「河北新報ニュース 事件前に酷似の男が給油 逃走車両と同一車種」

「携行缶」は、ポリタンクとは違い金属で出来た容器です。ガソリンスタンドでは、ポリタンクへの給油の出来る燃料は、灯油や軽油だけで、ガソリンは金属製の、「携行缶」にしか給油をしてはいけないことになっています。

これは、給油の際に起きる静電気でも、ガソリンへの引火の危険性が有る為なのです。

※消防庁は新低公害自動車燃料「ガイアックス」に対しては、携行缶への給油を禁止しているようです。

少しだけ避難器具についても触れておきたいと思います。

事件が報道されている時に、とても気になったことがありました。それは「避難経路」のことです。これだけの犠牲者の方が出ると言うことは、何かあると思いました。その後、いろいろな事が分かりました。この事業所では、倉庫の奥に「緩降機」を入れてしまい、二方向避難も出来ず、階段の幅員も狭かったようです。武富士では、事件の反省を踏まえて、防災体制総点検を実施するようです。

今後、避難器具についてもクローズアップの作成をしますが、避難器具のある事業所にお勤めの方、是非一度「使用方法」の確認をしてみて下さい。

関連記事

事件・事故 from 青森県警
武富士強盗殺人・放火事件 from 東奥日報
神戸新聞Web News:正平調 from 神戸新聞Web News

「武富士弘前支店」放火殺人事件、犯人の特徴 from 防災情報 Fire Web

協力:防犯ガイド 佐伯幸子様 /gm/gt/1390/

この記事のトップページへ戻る           



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。