離婚は明るくオープンにしたほうがラク!

文面
私事ながら最近再びシングルに―
離婚カウンセラーの岡野あつこです! さて離婚が成立したら、一体どれだけの人がすぐに周囲に報告をするのでしょう? ある人は離婚で心身ともに疲弊して、自分を支えるのに精一杯で、他人に報告するなんてとてもできる状態ではないかも知れません。
隠すつもりなどはなくても、伝えることによって返ってくる反応を受け止める余裕がないから、ただただ静かにしているしかない―。そんな人もいるでしょう。

また結婚を祝福してくれた方に「合わせる顔がない」と尻込みをしてしまう気持ちもあるかも知れません。しかし、私はこんな時だからこそ、しっかりと報告をするべきだと思うのです。そこで! 私は思い切って「離婚の挨拶状」を出すことをオススメします。

■「離婚の挨拶状」の文面
  • これまでの感謝の気持ち
  • 離婚の報告
    (「離婚しました」よりも「この度再びシングルになりました」と工夫)
  • 現在の状況
  • 今後への前向きな決意表明
  • 変わらぬお付き合いのお願い
簡単明瞭でよいのです。離婚原因などをダラダラと書く必要はありません。それから経済的に困っているとかマイナス要素を並べることも避けましょう。不安があってもここでは出さないで、明るく堂々と新しい人生のスタートを切るという前向きな宣言でいきましょう! ただ、もしこれから就職活動をするという場合なら、「何かよいお話がありましたら、どうかお声かけください」と一言書き添えてもよいでしょう。

→離婚した人も普通に年賀状を送って欲しい!