自分がいっぱいいっぱいなときほど子どもに目を向けて!

母子
今日保育園で何が楽しかった?
離婚カウンセラーの岡野あつこです!離婚して子どもを引き取って育てることを決めたなら、どんな不安があろうとも、「とにかくやるしかない!」と覚悟しなければならないわけです。そのとき、ひとり親という家庭環境における子育てや子どもとの関係でどんなことに気をつけたらよいのでしょうか?

■ひとり親が子どもについて気をつけることは? 〈前編〉
  • 離れて暮らす一方の親を悪く言わない
    自分が離婚した相手をどう思おうが、子どもにとっては血のつながったかけがえのない親です。その存在を否定すると、子どもは自分まで否定されているかのような気分になり傷つき、自分に自信が持てなくなってしまうことがあります。ですから、自分自身離婚した相手について何を思っても自由ですが、子どもまで巻き込まないようにしたほうがよいのです。

  • 面接交渉を自分の感情で阻止しない
    面接交渉を子どもが望むなら快く笑顔で送り出してあげましょう(自分の気持ち以外の問題がある場合は除く)。子どもはもう一方の親に忘れられたわけではなく、離れて暮らしていても愛されていることを確認し、安心感を得て帰ってくることでしょう。

  • 子どもに経済の状況や不安等を事細かに話さない
    ひとり親は、本来夫婦でするような会話を、子どもとしてしまいがちです。親と子どもは立場が違うことをわきまえましょう。親が離婚をしたことだけで不安でいっぱいになっているのに、経済的不安まで子どもに与えるのは残酷過ぎます。「今月足りない。どうしよう?」「きぃーっ! 養育費、まだ入ってないっ」等、子どもが知らなくてもいいこと、不安な気持ちをさらに煽る情報を与えるのは止めるべきです。

  • 子どもを恋愛・再婚の相談相手にしない
    友達のような親子になるのは子どもが成人してから。それまでは親という責任ある立場にいることを肝に命じましょう。
ひとり親だからといって、あれこれ気をつけなきゃ、がんばらなきゃと気負うことはないのかも知れません。ひとり親だろうと、そうでなかろうと、子育てには幸せも苦労も付き物です。ただ、やはり子どもにとっては、もう一方の親と離れて暮らしているという現実は、自分の意思で離婚を決断した親とはまた違い、重いものなのです。そこに心をかけてあげるべきでしょう。

→>「愛されている自信」を子どもに与えて